現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > [Pro Shop インストール・レビュー]日産 スカイライン by ウェイブ トゥ ポート 前編…スタジオモニター再現

ここから本文です

[Pro Shop インストール・レビュー]日産 スカイライン by ウェイブ トゥ ポート 前編…スタジオモニター再現

掲載
[Pro Shop インストール・レビュー]日産 スカイライン by ウェイブ トゥ ポート 前編…スタジオモニター再現

ベテランミュージシャンのSKYLINEさんは、レコーディングの際に使うスタジオモニター的なサウンドを車内で再現したくてオーディオのシステムアップを開始。鳥取県のウェイブ トゥ ポートで音の追求を開始してついに理想の音にたどり着く。

◆探し求めたナチュラルサウンドを手に入れた
お気に入りのパワーアンプをトランクに設置
ベーシストとしてレコーディングにもたびたび参加しているミュージシャンであるSKYLINEさん。愛車の日産『スカイライン』の中でスタジオモニターと同様のリアルなサウンドを再現したくてオーディオをシステムアップしたのがきっかけだった。その後は数々のシステムを経験して、いまではすっかりベテランとなったSKYLINEさん、現時点での完成形となったのがこちらのシステムだ。

[Pro Shop インストール・レビュー]ダイハツ コペン by custom&car Audio PARADA

特に注目したのがパワーアンプとスピーカー群のマッチングだという。モレルのスピーカー群をドライブするパワーアンプとして選んだのはアークオーディオのモデルだった。トランクにはフロア下にアンプラックが組まれて整然とユニット群をインストールする。見せる要素を込めるのではなく、あくまでも音質優先の取り付けで、ケーブルの取り回しを含めたレイアウトや冷却など、パワーアンプのパフォーマンスを引き出す取り付けとされている。

ラゲッジのフロアを開けると中央部にはDSP、両サイドにはアークオーディオのパワーアンプが合計3台インストールされている。こちらのシステムから奏でられるサウンドは「キラキラしすぎず、ドカドカにも鳴らない。作られた音ではなく、あくまでも色づけしないナチュラルサウンドを再生している」のだという。

◆モレルのフロントスピーカー群との組み合わせで
リアルサウンドを引き出すアークオーディオのアンプ
フロントスピーカーに用いているのはモレルのイレイト38thモデルの3ウェイ。それをドライブするためにアークオーディオの4100SE-Exを2台用いている。トランクの左右に振り分けるようにしてインストールされるパワーアンプは、オーナーのお気に入りモデルらしくしっかり使い込まれたボディを見せている。さらにサブウーファーのドライブには同じくオークオーディオの2075SE-Exを用いて鉄壁のサウンドをサポート。このユニット群に落ち着くまでには、なんと15年もの歳月を要したという。

サウンドの方向性はリアルでナチュラルな音が基本となっているのだが、しっかりと大きな音が再生できることもキーワード。大音量も“リアル”のひとつであるというのがオーナーの考え方。実際のライブではオーディオで聴いているのとは段違いのラウドなサウンドが鳴り響いているのを知るオーナーならではの思想だ。

サウンドサスペンションの各種フィルター類を適材に配置しているのもオーナーの狙い。S/Nのアップでクリアさをより際立たせるのが狙い。余分な音を排除してクリアさを引き出すシステム構成としている。アンプラックには冷却用のファンを設けてアンプラックの温度管理を徹底し各ユニットのパフォーマンスをしっかり引き出すことを目指す。またカバーすることでトランクルームを純正状態と同様に利用できることもオーナーのこだわり。

◆モレルのサブウーファーを使って
低音再生能力も抜かりなくグレードアップ
サブウーファーはトランクルームの前方を大きく使ってエンクロージャーを組んで設置されている。振動板はトランクスルーの部分からのぞき、車室内に質の高い直接音を届ける構造とする。高域から低域までを帯域のバランス良く再生するという思想が込められ、ライブでのリアルサウンドを再現するにも不可欠のシステムとなった。

サブウーファーのユニットにはフロントスピーカーと同じくモレルのユニットであるULTIMO Ti104をチョイスしている。しっかりと締まりのある低音サウンドを担当する。もちろんフロントの38thモデルとのマッチングも絶好で、サウンドの統一感も想像の通りだ。

自らがベースをプレイするミュージシャンであるオーナーが、リアルサウンドに徹底的にこだわって作りあげたこのシステム、熟成に熟成を重ねたサウンドは15年の歳月を経て完成の域に達した。次回の後編ではサウンドの根幹となるフロントスピーカーまわりについて紹介して行くこととしよう。

土田康弘|ライター
デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

こんな記事も読まれています

ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
Merkmal
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
ベストカーWeb
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ランエボの終売から早10年……お前の事が好きだったんだよ! 受け継がれる三菱が懸けたランエボの魂
ランエボの終売から早10年……お前の事が好きだったんだよ! 受け継がれる三菱が懸けたランエボの魂
ベストカーWeb
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ベストカーWeb
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
ベストカーWeb
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
Auto Messe Web
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
AUTOSPORT web
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
AUTOCAR JAPAN
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
レスポンス
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
ベストカーWeb
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
Auto Messe Web
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
AUTOCAR JAPAN
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
Auto Messe Web
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
AUTOSPORT web
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
AUTOSPORT web
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.82050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.82050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村