サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「名車購入ミニガイド付き」4thフェアレディZは高密度な走りを追求。ポルシェを射程に収めた!

ここから本文です

「名車購入ミニガイド付き」4thフェアレディZは高密度な走りを追求。ポルシェを射程に収めた!

4thモデルはスポーツカーの原点を見つめた意欲作

 フェアレディZは世界のスポーツカー史上に、大きくその名をとどめるクルマだ。4thモデルは、あらためてスポーツカーの原点を見つめ直し、高密度な走りの実力、ドライビングの楽しさを追求している。開発は「ポルシェ944ターボの走りの性能と、928のコンフォートを併せ持ったクルマ」をイメージして取り組んだという。

「ガンバレNISSAN!!」発掘名車:Z-CARが海外で大ヒットした理由

 スタイリングは「Zの香り」を残しながら、新しいトレンドに見事に乗っている。先進的でダイナミック、しかも美しい。コクピットの仕上がりも最高である。広く快適でありながら、その中に適度なタイト感を巧みに織り込んでいる。大いに気に入った。

圧倒的なスタビリティ。パフォーマンスは超一級

 走りの性能は、格段にアップした。新世代の4輪マルチリンク式サスペンションとスーパーHICASという強力な武器を手に入れた新型は、圧倒的なスタビリティを実現した。高速での直進性、レーンチェンジや緊急回避での安定性、といった点ではポルシェを凌ぐレベルにまで達している。スタビリティの高さを実現しながら、実用域では軽快で、素直な身のこなしを楽しめる点も見事だ。乗り心地や快適性もハイレベルである。

 かつてポルシェとの間にあった厚い壁は、かなり薄くなった。これまでは壁の向こうにあって見えなかった姿が、いまやハッキリ見え始めた。
 ちょっぴり注文をつけたいのは、ツインターボエンジン(280ps/39.6kgm)である。確かにパワーが出ているのはわかる。パフォーマンスは驚くほどだ。全域で速い。しかし、フィーリングがあまりよくない。トップエンドでは、気持ちのいい伸びきり感がない。音質的にも心を騒がせる類のものではない。スポーツカーは「感動を呼ぶクルマ」である。フィーリング面でいっそうの磨き込みを望む。
 ただしNAエンジン(230ps/27.8kgm)には合格点を付けていい。NAエンジンは2000~3500rpmといった常用域でのピックアップ感がとてもいい。
(カー・アンド・ドライバー 1989年9月26日号掲載)

ワンポイント名車購入ガイド

 4thフェアレディZ(Z32型)は、1989年7月から2000年9月まで11年間にわたり販売された。メインボディタイプは2シーターと2by2、エンジンは3リッター・V6DOHC24V、NAとツインターボがある。ルーフは2シーターの一部を除きTバールーフ標準。コンバーチブルは1992年に追加された。価格は比較的リーズナブル。走行3万kmのコンディション良好車で300万円が目安。注意ポイントはダッシュボード割れと、メカニズム全般。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します