サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツ、インドネシアでコンパクトSUV「ロッキー」発売 トヨタにもOEM供給

ここから本文です

 ダイハツ工業は30日、インドネシアでコンパクトSUV「ロッキー」を発売したと発表した。新しい開発手法「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用した海外モデルとしては2例目。トヨタグループの新興国小型車事業の一環としてトヨタ自動車にもOEM(相手先ブランドによる生産)供給する。

 インドネシア向けのロッキーは、現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーターのカラワン工場で生産する。インドネシア国内で販売するほか、約50カ国に輸出する。

ダイハツ、CVTの海外展開を本格化 コストや生産性改善で初の海外生産

 ロッキーには、同国でダイハツが発売するモデルとして初めて予防安全装備「スマートアシスト」を採用した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン