サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もはや立ち入る隙はない? EV含め全方位開発に邁進するトヨタが牙を剥いた相手は誰か!?

ここから本文です

 年の瀬も迫った2021年12月14日。年末の慌ただしさを吹き飛ばすようなニュースが自動車業界を駆け巡った。

 トヨタが「2030年までにBEV(バッテリー式電気自動車)30車種を発売し、年間販売台数の約4割に相当する350万台をBEVにする」と発表したのだ。

1兆ドル越えグループの仲間入り! テスラは10年以内に日本でふつうになる日は来る!?

 無数のBEVモデルに囲まれ誇らしげに立つ豊田章男社長の姿は、今まで「トヨタはEVに消極的だ」と噂していた巷の声を沈黙させるにはじゅうぶんすぎるインパクトだった。

 なぜこのタイミングで、トヨタはBEVビジネスの大幅拡大を表明したのだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ