サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:実らなかった“改革”。キャシディ主体のセットに変更も、合わせきれなかった平川の涙

ここから本文です

 歓喜にむせぶWAKO’S 4CR LC500のすぐ隣でマシンから降りてきた平川亮は、そっとヘルメットのバイザーを閉めた。その内側では、言葉にならない悔しさがあふれていた。

 元来、ツインリンクもてぎと平川の相性はいい。過去にはポールポジションも獲得しているし、予選でも決勝でも安定して上位に食い込んでいる。今季はスーパーフォーミュラでも勝った。

スーパーGT:大嶋がつくり、山下が攻める。チームルマンが作り上げたセットアップ術の功績

 この週末も平川の担当したQ1は2番手通過、4番グリッドからスタートした決勝では優勝と、タイトルは逃したもののほぼベストと言える戦いぶりを見せた。