サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1代表、一時不安視されたラッセルの将来について「心配したことはない。ウイリアムズは良い選択をした」

ここから本文です

 ウイリアムズと来季までの契約を交わしているジョージ・ラッセル。しかし、今年の8月にチームが投資家に売却されたのに伴い、ラッセルの契約が当初の通り施行されるのか、疑問視された。

 実際、今季限りでレーシングポイントを離れることになったセルジオ・ペレスが、ウイリアムズの来季のドライバー候補になった時もあった。それが実現した際にはラッセルが来季シートを失う……そうなる可能性も囁かれたのだ。

■スーパーライセンス獲得に失敗すれば来季は日本? 角田裕毅、F1に向け勝負のF2終盤戦へ

 しかしウイリアムズは、当初の契約通りラッセルとニコラス・ラティフィを2021年シーズンのドライバーとして起用することを改めて発表。憶測を一掃し、混乱が生じたことを謝罪した。

おすすめのニュース

サイトトップへ