サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ミス&信頼性不足で惨敗……フェラーリF1に大きな変化は必要なし? ビノット代表「ミスは自身の向上に繋がる」

ここから本文です

ミス&信頼性不足で惨敗……フェラーリF1に大きな変化は必要なし? ビノット代表「ミスは自身の向上に繋がる」

ミス&信頼性不足で惨敗……フェラーリF1に大きな変化は必要なし? ビノット代表「ミスは自身の向上に繋がる」

 マシントラブルや戦略のミスにより、シーズン中に多くの取りこぼしを喫してしまった2019年のフェラーリ。しかしチーム代表のマッティア・ビノットは、チームに大きな変化を加える必要はないと考えている。

 ビノットは、2019年のはじめにマウリツィオ・アリバベーネの後任として、フェラーリのチーム代表に就任した。開幕前の下馬評が高かったフェラーリは、チャンピオンの最有力候補とみなされ、開幕戦オーストラリアGPを迎えた。

■開発を始めた時点で負けていた……フェラーリ代表が分析する2019年の”敗因”

 しかし蓋を開けてみれば、シーズン初勝利は夏休み明けのベルギーGPまで待たねばならなかった。しかもライバルであるメルセデスには、開幕から8連勝を許してしまうことになった。フェラーリはマシンの信頼性の低さ、ドライバーのミス、チームのミス……それらが積み重なり、ライバルに勝利を献上し、タイトル争いでも大きく遅れを取ってしまうことになった。

 2019年シーズン中に起きたミスを振り返り、ビノット代表は次のように語った。

「ひとつひとつのミスの改善に取り組もうとすれば、それは教訓という観点から言って、自分を向上させることに繋がるはずだ」

「大きな変更という意味では、その必要があるモノはないと思う。単純に経験の問題なのだろう」

「私は常々、我々は若いチームだと言ってきた。特に今の役割において、我々は実に急速に学んでいるところだ。だから今シーズン中に起きたことは、全て対処する必要のある問題なんだ」

 元FIAの副レースディレクターであるローレン・メキーズは、スポーティング・ディレクターとしてビノットをサポートしている。しかしレースチームの効率性と実行力は、時折弱さを垣間見せた。事実、21戦中実に12グランプリで、フェラーリ自らのミスが結果に大きな影響を及ぼしたのだ。

 フェラーリは夏休み明けから予選パフォーマンスを大きく向上させ、6戦連続でポールポジションを獲得した。そのままメルセデスを猛追し、シーズンを締めくくるかのように見えた。

 しかしそのパフォーマンスの急上昇には、他チームから疑いの目が向けられ、結果的にFIAから複数の技術指令が出されることに繋がった。その影響があったのかどうかは定かではないが、シーズン終盤3戦のフェラーリはパフォーマンスを急激に落とし、表彰台すらシャルル・ルクレールの1回(アブダビGP)のみだった。

 フェラーリがシーズン終盤にパフォーマンスを落とした理由は何だったのか? そう尋ねると、ビノット代表は次のようにmotorsport.comに対して語った。

「メルセデスが日本GPにエアロパッケージを投入したことを、忘れてはいけない」

「レッドブルも同じように改善した。アブダビでは、我々のマシンはサーキットに本当に適していなかった。しかし計画という面で言えば、確かに終盤の数戦で、パフォーマンスを一部失ったようだ」

「アブダビは非常に具体的な例だ。しかし、なぜ最終セクターでの競争力がなかったのか、新しいタイヤを履いた時やレーススタート直後は他のマシンを追いかけることができたのに、タイヤが磨耗した時にはなぜそれができなくなったのか……そういう理由について、学ぶべきことがたくさんある」

「だから、質問に対する答えを今は持ち合わせてはいない。しかし分析し、学ぶべきことがたくさんあることは分かっている」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します