サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 326POWERの超オーバーフェンダーを装着した86は圧倒的な存在感!【東京オートサロン2020】

ここから本文です

326POWERの超オーバーフェンダーを装着した86は圧倒的な存在感!【東京オートサロン2020】

まるでアニメの世界から飛び出してきたような……

2020年1月10日~12日まで千葉県にある幕張メッセ行われていたチューニングカーの祭典『東京オートサロン2020』。展示車両の中で「あっ!」と驚くようなカスタムが施された車両にフォーカスしレポートする。

東京オートサロン関連の記事はこちら

派手なカスタムカーが集う東京オートサロン2020の会場でも、一際目立っていたマシンがコチラ。

エアロパーツやローダウン用サスペンションパーツなどのメーカーとして知られる326POWERが手がけた86だ。

フロント150mm・リア200mmワイドというオリジナルワイドフェンダーは特大の張り出し量もさることながら、独特のエッジを利かせたデザインが存在感抜群。

写真で見ると、まるで3Dアート? ポリゴングラフィック? と我が目を疑ってしまうほど現実離れしたスタイルだ。

326POWERスタッフによると「ガチャバリWIDEというブランド名で展開している製品なので、その名に負けないよう、とにかく派手に、ガチャガチャと賑やかなスタイルに仕上げました」とのこと。

パーツ開発時、製作途中の様子をSNSにアップしたところ、最初はブーイングの嵐(!)だったそうだが、完成に近づくにつれて賞賛へと評価が移り変わっていったという……。

加工精度の高さやカスタムへの配慮にも注目

オーバーフェンダーなどはまるでスムージングしてあるかのようなフィッティングの良さだが、ほぼすべてボルトオンによる装着。国内製造品なだけあって恐るべき加工精度の高さだ。

またフェンダーのアーチ部分については通常、3cmほどの高さのところ、こちらの製品では「アーチ上げ」用に5cm確保。

「アーチ上げ」とは大径ホイールの装着やローダウンに合わせてアーチ部分をカットすることで、クリアランスをぎりぎりまで詰めるカスタマイズのテクニック。

カットしても強度が十分に保たれるよう、アーチ部分はFRPを4重に貼り合わせた構造としている。

さらに、分割構造のように見えるフェンダーのダクト部分についても、実は一体成型で、部品の強度、精度と装着の容易さを両立。

デザインこそエキセントリックだが、作りは驚くほどに丁寧なのである。

「カスタムカーショーというと、どうしてもワンオフ製作したデモカーが注目されがちですが、この車に装着されているパーツのほとんどは、当社がすでに市販している製品。市販パーツでもここまで勝負できる、ということを証明したかった」という326POWER。

その心意気が十分に伝わってきた1台である。

- 車両スペック - ■排気系マフラー:NEO PROJECTワンオフ製作

■外装関係エアロキット名:ガチャバリWIDE+3D☆STARボディカラー:キャンディーレッド使用パーツ:ガチャバリWIDEフロントフェンダー(150mmWIDE) ガチャバリWIDEリアフェンダー(200mmWIDE) 3D☆STARフロントアンダースポイラー3D☆STARサイドステップ3D☆STARサイドフラップ3D☆STARリアアンダースポイラー3D☆STARフォグランプアタッチメント3D☆STARリアアンダースポイラー

■内装関係ステアリング:ラリークイック

■サスペンションサスキット名:チャクリキDAMPERブレーキ:ガチストップ

■ホイールホイールメーカー・名称:326POWERヤバKING MESH・SPOKEサイズ(F):18×12.5J-59サイズ(R):18×12.5J-59

文/田端邦彦、写真/稲葉 真

東京オートサロン関連の記事はこちら東京オートサロン2020の公式HPはこちら326POWERの公式HPはこちら全国のトヨタ 86の中古車を見てみる

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します