サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > the「燃費」排気量250cc以上400cc未満って、どうなの? BMW Motorrad「G310R」を実走計測

ここから本文です
 最近気になる燃費研究班の話題といえば「燃費が良ければ車両価格は高くて良いのか? 省エネ(昭和な響き)はサイフに優しいからこそ嬉しいハズ!」そしてもう一点「排気量が小さいほど、エンジンのシリンダーの数が少ないほど燃費は良い」という通説、そんな答えを探して今日も燃費実走計測の旅に出るのでした。

 今回連れ出したバイクはBMW Motorrad「G310R」です。BMWモトラッドのラインナップの中では最小排気量モデルであり、164kgの車体に搭載されるエンジンは排気量312ccの水冷単気筒。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン