サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【タントやN-VANのウリ!】クルマに大開口部をもたらすセンターピラーレスドアを多くのクルマが採用しない理由とは

ここから本文です
 乗り降りのしやすさや荷物の積みやすさが魅力!

 ダイハツ・タントやホンダN-VAN、トヨタ・ポルテなどに採用されている、特徴的なリヤドア構造が、助手席側Bピラーレスのスライドドアだ。 歩道側のリヤドアの開口部を広くして、乗降性をよくするのが目的であり、乗用車の場合は子供を抱いた母親の乗り降りのしやすさ、N-VANのような商用車では、大きな荷物の積みやすさがメリットとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ