サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今では"都市伝説"!? 「青系のボディカラーは事故率が高い」って本当?

ここから本文です

ボディカラーと事故の関係は話題にのぼることがよくある。簡単に言ってしまうと、明るい色と暗い色を比較した場合、暗いほうが事故に遭う確率が高いというもので、当然と言えば当然。また「青の事故率が一番高い」という説も聞いたことがあるのではないだろうか。しかし、クルマはさまざまな環境の中を走るため、"ボディカラーは問わない"というのが答えだ。では、どのように対策すべきなのだろうか。詳しく解説しよう。

暗い色の方が目立ちにくいため、事故につながりやすい

この記事の画像ギャラリーを見る(全20枚)

そもそも、ボディカラーと事故率についてのデータを探してみても、なかなかこれだ、というのはなくて、あっても海外のもの。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン