サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 赤羽国交相、自動運転レベル3実現に向けた法整備を海外にアピール

ここから本文です
赤羽一嘉国土交通大臣は4月7日、世界経済フォーラム傘下のイノベーションの社会実装に関する国際会議に出席し、IoT、AIやビッグデータを活用したスマートシティ・スマートモビリティに関する日本の事例を紹介し、ポスト・コロナにおける経済成長について議論した。

会議は「グローバルテクノロジーガバナンスサミット」で、世界経済フォーラム総会(ダボス会議)と並ぶ会合として官民ハイレベルにより第4次産業革命の技術開発と実装の実現に向けて議論される。今回の会合は、1回目の会合で、日本がホスト国としてオンライン形式で開催された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン