サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 誰ともかぶらない車に乗りたいなら「ネオクラ」

ここから本文です

『カーセンサー』6月号
発行:リクルート
定価:100円(本体価格91円+税)

『カーセンサー』編集部によると、一部のエンスーが愛でていた“ネオクラ”=ネオクラッシクカーが、広く世の中から注目を浴び始めているという。そこで6月号では、ブームを牽引する「鉄板」モデルと、知る人ぞ知る「ハズし」モデルを紹介する。

80~90年代の車がネオクラ車だ。今より技術が未熟、あるいは発展途上期だったがゆえの魅力がネオクラ車にはあるという。「鉄板」で登場するのはVW『ゴルフ』(2代目)、トヨタ『ランドクルーザー70』、フィアット『パンダ』(初代)など。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン