サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル 2代目レヴォーグ(VN5型)のインパネは先進性が際立つデジタルコクピット

ここから本文です
今回は2020年10月にモデルチェンジし「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したスバル 2代目レヴォーグ(VN5型)の先進性あふれるインパネについて見ていきましょう。2代目レヴォーグのインパネの特徴は何と言ってもスバルが「デジタルコクピット」と呼び、運転に必要な情報をわかりやすく表示してくれる大型のディスプレイです。12.3インチのフル液晶メーターに大型・高精細の11.6インチセンターインフォメーションディスプレイが2代目レヴォーグの先進性を際立たせており、直感的な操作は人とクルマが一体になったかのようなドライビング空間に仕上がっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン