サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表、ハミルトンのピットストップに疑問なし「タイヤにはブリスターがあり、タイムを失っていた」

ここから本文です
 レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1第15戦トルコGP終盤にルイス・ハミルトン(メルセデス)がタイヤ交換のためのピットストップを行わなければならなかったことを疑問に思ってはいない。

 ハミルトンは予選でトップに立ったものの、4基目のICEを投入したために10グリッド降格ペナルティを受け、日曜日のレースは11番グリッドからのスタートになった。首位を走るドライバーたちがピットストップを行うまでに、ハミルトンはバルテリ・ボッタス(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)の後ろで4番手を走行していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン