サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > フォルクスワーゲン、バーチャルモーターショーを開設 4月17日までニューモデルが見放題

ここから本文です

フォルクスワーゲン、バーチャルモーターショーを開設 4月17日までニューモデルが見放題

フォルクスワーゲンは、同社の発売予定モデルを含むニューモデルをバーチャル空間で楽しめる「バーチャルモーターショー」を開設した。4月17日まで特設サイトで楽しむことができる。

フォルクスワーゲン バーチャルモーターショーは、今年3月に開催予定だったジュネーブモーターショーが新型コロナウイルスの影響で中止となったことを受け、フォルクスワーゲンが独自にオンラインで開催するもの。

URLにアクセスし、ガイダンスに従って進めていくと、フォルクスワーゲンブースがバーチャル空間に現れ、モーターショーを現実世界のような目線で楽しむことができる。

目玉は、ジュネーブモーターショーでお披露目が予定されていた未来の電気自動車「ID.3(アイディ3)」と、プラグインハイブリッドSUVの「トゥアレグR」、そして期待のスポーツモデル「ゴルフGTI/ゴルフGTD/ゴルフGTE」だ。これらは2020年に発売が予定されている。

通常のweb画面で見るのとは異なり、実際にブースを歩き回っているような感覚でニューモデルに触れることができるバーチャルモーターショー。夜間などフリータイムに楽しむことができたり、展示車のボディカラーやホイールを変更できる仕組みになっていたりと、バーチャルならではの楽しみ方ができる。

URLは以下の通り。
https://www.volkswagen.de/de/specials/geneva-2020.html

自宅で楽しむことができ、かつメーカーにとってPRにもなるバーチャルモーターショー。今後このような開催方法が普及していく可能性もあるかもしれない。


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します