サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > カワサキ Z1/Z2 開発の大槻幸雄氏ら3名、日本自動車殿堂入り

ここから本文です
日本自動車殿堂は11月8日、2019年の殿堂入りとして、「工業デザイン思想」に基づく車づくりを提唱した小杉二郎氏、エンジン滑り軸受解析の道を拓いた染谷常雄氏、大型二輪車の開発によりカワサキブランドを確立した大槻幸雄氏の3名を発表した。

小杉二郎氏は、自動車の新たなデザイン開発に貢献し、当時、社会に馴染んでいなかった「インダストリアル(工業)デザイン思想」の重要性を提唱し、デザインは技術開発と同様の作業工程があることを提示。マツダ『R360クーペ』を手掛けるなど、先駆者として多くの功績を残した。