サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 榎戸育寛が2日間ともトップタイムを記録。厳しい暑さに見舞われた特別スポーツ走行/全日本ロード

ここから本文です
 全日本ロードレース選手権第4戦筑波特別スポーツ走行2日目も朝から快晴となり最高気温は32度、路面温度は56.5度まで上がり真夏のような暑さとなった。いきなり暑くなったため、厳しい暑さもさることながら、急にフィーリングが変わってしまい、そこに対応するために各ライダーは苦労していた。

 そんな厳しいコンディションの中、転倒したライダーも多く、ST1000クラスでは、1本目に最終コーナー進入で渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)が転倒。

おすすめのニュース

サイトトップへ