サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界で初めてのガソリン車ってどんなの?

ここから本文です

世界で初めてのガソリン車ってどんなの?

EVのスポーツカーやピックアップトラックなど、21世紀になってからもますます進化しているクルマですが、そもそも現在の主流となるガソリンで走るクルマは、いつ・どこで・誰が発明したものかご存知でしょうか?今回は、まだまだ生活に欠かすことができないガソリン車の誕生と歴史についてご紹介します。文・PBKK

ガソリン車はいつ?どこで?誰が?

ガソリン車にはガソリン税。EVには走行税!? 導入はありえるのか

そもそもガソリンで走るクルマが最初に作られたのはどこなのでしょう?自動車大国のアメリカ?それとも産業革命が起きたイギリスでしょうか?実は、ガソリンで走るクルマが最初に発明されたのは19世紀(1870年)のドイツでした。発明者は、ジークフリート・ザムエル・マルクスで、1831年ドイツの北部で生まれました。
マルクスは12歳の時に機械工の見習いになり、それから5年後、電線の建設に技術者として参加しました。その後、1852年にオーストリアのウィーンに移住したマルクスは、複数の科学組織で経験を積んだ後、1860年に独立し、機械や電気装置などを作っていました。
そして1870年、マルクスは液体を燃焼させる内燃機関エンジンを単純な荷車に搭載した物を製作しました。これが世界で初めてガソリンで動くクルマと言われています。しかし、1回テスト運転をした後、マルクスはこのクルマの設計に満足できなかったため壊してしまったと言われています。

最初のガソリン車の販売は?

では、世界で最初にガソリン車が販売されたのはいつ、どこでしょうか?それは、1888年ドイツのカール・ベンツが社長を務める「Benz & Cie」が最初と言われています。それでは販売までの経緯を簡単にご説明します。
カール・フリードリヒ・ベンツは、1844年ドイツの南西部に生まれます。幼い頃から工学技術に興味を持っていたベンツは、機械工学を学び、大学卒業後は機械工場で働きながら技術者として腕を磨いていきました。
そして1883年、趣味の自転車を通じて知り合った仲間達と産業機械を製作する会社を立ち上げました。この会社が後の自動車開発の足がかりになります。1885年ドイツのカール・ベンツが自ら設計した4サイクルのガソリンエンジンを、三輪車の後部に設置した乗り物を作りました。
1886年1月、この乗り物が世界で初めて「ガソリンを動力にする車両」として認められた特許になり、また世界で最初に誕生した自動車と言われています。そして同じ年に、妻でもありビジネスパートナーのベルタ・ベンツ夫人が試乗を兼ねたデモンストレーションを行ったことで、訓練すれば誰でも運転できる乗り物と証明しました。
いくつかの改良を重ね、1888年の夏頃にベンツはこのガソリン車の販売を始めます。これが世界で初めて市販された自動車と言われています。


一言で自動車の歴史といっても、色々な人物や物語がありとても興味深いですね。もし、気になる自動車があったら、歴史を調べてみると新しい発見があるかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します