サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルネサス、閉鎖した甲府工場を再開 EV向けパワー半導体の生産能力2倍へ

ここから本文です

 ルネサスエレクトロニクスは17日、電気自動車(EV)向けに需要拡大が見込まれるパワー半導体の生産能力を増強するため、2014年10月に閉鎖した甲府工場(山梨県甲斐市)を再開すると発表した。約900億円を投じて300ミリメートルウエハを生産する設備を整え、24年に稼働再開する予定。

 甲府工場に新たに整備する300ミリメートルウエハ生産ラインは同社グループでパワー半導体の生産ラインとして最大で、同社のパワー半導体の生産能力は現在の2倍となる。

〈宮城・福島沖地震〉ルネサス、那珂工場の回復遅れ 製造装置の一部が故障

 世界的なEVシフトに伴って電力を高効率に変換するパワー半導体の需要が急拡大する見通し。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン