サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「プラグインハイブリッド研究」トヨタRAV4・PHVデビュー後、あらためて見る三菱アウトランダーPHEVの完成度

ここから本文です

プラグインハイブリッドのパイオニア。2018年秋に各部を大幅改良

 アウトランダーPHEVは、2012年末に発売されたロングライフモデルである。2018年秋に駆動用バッテリーの容量を増すとともに、リアモーター出力を10%以上アップ。組み合わせるエンジンを2リッターから2.4リッターユニットに変更するなどの大幅なリファインを実施した。メカニズムの大幅刷新にまで踏み込んだ積極的な改良で、現在でも高い商品性をキープしている。日本におけるプラグインハイブリッドのパイオニアであり、ベストセラーだ。

「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」4輪駆動力制御搭載。三菱エクリプスクロスのソリッドな走り、そのこだわり

 満充電時のEV走行可能距離は57.6km。

おすすめのニュース

サイトトップへ