サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ・ライツ第4大会オートポリス|宮田莉朋、過密スケジュールの中で2勝をマーク。ランキング首位堅持

ここから本文です
 シーズン後半を迎えた2020全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権。その第4大会がオートポリスで3レースが行なわれ、スーパーフォーミュラとダブルエントリーした宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM’S)が過密スケジュールの影響を感じさせない走りを披露し、第9戦と第11戦で優勝を飾る活躍を見せた。

 11月14日(土)朝に行なわれた公式予選では、宮田は1分35秒493のベストタイムを記録し第9戦のポールポジションを獲得。2番手に阪口晴南(B-MAX RACING TEAM)、3番手に名取鉄平(TODA RACING)が続いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ