サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > CR-Zは生まれるのが早すぎた!? 2030年問題でMTのハイブリッドスポーツはまた生まれるのか?

ここから本文です

 菅総理就任時に突如として宣言された「2050年カーボンニュートラル(温室効果ガス排出ゼロ)」宣言。実際は世界的にもその動きが加速していた近年だが、クルマは今後電動化が一気に進むことは既定路線だ。

 そうなるとEVやハイブリッドの効率を考えると、トランスミッションを持つクルマ自体も激減するに違いない。つまり電動車+MTのクルマが登場するのは絶望的だ。

【後編】佐藤琢磨×原田哲也対談 「ところで、いつまでレースするの?(笑)」「いつまでやりましょうね?」

 そんなことを考えていると、販売的には成功しなかったもののハイブリッドのMTがあったホンダCR-Zを思い出し、当記事ではCR-Zが歩んだ軌跡などを振り返ってみた。

おすすめのニュース

サイトトップへ