サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > CASEにMaas! 最近よく聞く「重要そうな言葉」だけど「イマイチわからない」その意味を解説

ここから本文です

 この記事をまとめると

■CASEとはConnectivity/Autonomous/Shared/Electricの頭文字を並べたもの

ドアが開かない! LINEの名前を公開! 便利すぎる「クルマのコネクト機能」に潜むワナ

■MaaSとはMobility as a Serviceでクルマの有用性を実感できる社会づくりの仕組み

■CASEもMaaSも21世紀の社会でいかに快適に生きられるかを左右する構想だ

 21世紀の快適なクルマ社会のために欠かせないもの

 CASEやMaaSという言葉は、次世代車に求められる新しい機能やサービスである。

おすすめのニュース

サイトトップへ