サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2021年F1第3戦 ポルトガルGP、角田裕毅のフリー走行での遅れは作戦の可能性も【モータースポーツ】

ここから本文です
2021年4月30日、F1第3戦ポルトガルGPがアルガルヴェサーキットで開幕。このサーキットでは初走行となる角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、60分間のフリー走行2回で61周を走り込んで、コースの習熟とマシンの理解を深めた。タイムは1回目が13番手、2回目が14番手だった。

アルファタウリ・ホンダはふたりで126周を周回
アルファタウリ・ホンダはできるだけ多くのデータを収集すべくたっぷりと周回。角田裕毅がフリー走行1回目28周、2回目33周の計61周、ピエール・ガスリーは31周と34周の計65周と、どのチームよりも多い周回を走り込んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン