現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ついにデビューするクールな「アウディQ6 e-tron」のプロトタイプでファーストドライブ

ここから本文です

ついにデビューするクールな「アウディQ6 e-tron」のプロトタイプでファーストドライブ

掲載
ついにデビューするクールな「アウディQ6 e-tron」のプロトタイプでファーストドライブ

アウディQ6 e-tron: プロトタイプでファーストドライブ。長持ちするものが本当に良くなる。鉄道だけでなくアウディにも遅れはつきものだが、Q6 e-tronは間もなく離陸する。

「アウディQ6 e-tron」の話題は何年も前からあった。我々がこの新型電気SUVについて最初に報じたのは2018年のことで、実際には昨年、路上で展開されるはずだったが、何も実現しなかった。遅れの原因は、フォルクスワーゲングループの問題児であるソフトウェアだった。しかしその間に、ITの専門家たちはビットとバイトを整えたいと考えており、新型「Q6 e-tron」は、いよいよ年末に初公開を迎える予定だ。

911誕生60周年記念限定モデル「ポルシェ911 S/T」は最も軽く、最もエモーショナルな992だ!

まだ厳重なカモフラージュが施されたプロトタイプでの第1ラウンドの後では、ソフトウェアが本当にスムーズに作動しているかどうかはわからない。例えば2分割されたヘッドライト、たくましいフロント、リアドア裏の力強いショルダー部分など、外見ではカバーされている以上のものを見せてくれるが、コックピット内はすべて黒い布で覆われている。アウディは、インフォテインメントシステムを垣間見ることさえさせてくれない。

時折、プルルという音が聞こえるが、その背後にエラーメッセージがあるのか、あるとすればそれは何なのかは、カモフラージュカバーの下に隠されたままだ。しかし、ソフトウェアは計器クラスタやナビゲーションシステム、ラジオだけの問題ではない。

Q6 e-tronの走行フィール

我々が乗っているのは、きしみやガタつきのあるテスト車両ではなく、よく設計された量産直前のモデルなのだ。「Q6 e-tron」は路面をしっかりとつかみ、スムーズにストロークし、正確にステアリングを切る。弟分である「Q4 e-tron」は運転中、少し無感情に見えることが多いが(それだけではない)、その開発には多くの頭脳と心血が注がれたことがわかる。

マルチメディアシステムなしで運転することの良い点: 運転の邪魔になるものがない。また、ラジオから音楽が流れてこないので、アウディの静粛性の高さも際立っている。電気自動車にありがちな始動時のトラムノイズも、エンジニアの手によってほとんど消されている。人工的な走行音はあるのだろうか?それはまだわからない。

初ドライブのために大挙してやってきたエンジニアや開発者たちは、SUVに対する熱意は伝わってくるものの、まだ無口で、すぐにでもいろいろと話したがっていることだろう。長さは?Q4とQ8の間 - メジャーなしで来たが、4.70メートル前後と思われる。ホイールベースは?いずれにせよ、リアには前方にも上方にも十分なスペースがある。ラゲッジコンパートメント: 十分。さらに、フロントボンネットの下には扱いやすいフランクがあり、少なくとも充電ケーブルは問題なく収納できるはずだ。

航続距離は600km以上と言われている

充電といえば: 電気工学の話になると、専門家はさらに饒舌になる。「Q6 e-tron」のベースとなるのは、アウディとポルシェが共同で開発している新しい「プレミアムプラットフォームエレクトリック」(PPE)である。「PPE」は、「e-tron GT」や「タイカン」などから800ボルトの技術を受け継いでいる。

100キロワット時のバッテリー(グロス)には最大270kWの充電が可能で、最良の場合、250kmの航続距離分の電力が10分でバッテリーに流れ込む。航続可能距離は600km以上とされているが、日常走行では400km以上が現実的だろう。「Q6」の消費電力は?ここでもアウディ勢は沈黙を守っている。私たちは100km走行あたり約18キロワットと見積もっているが、少なくともこれに異論を唱える人はいない。

WLTPによれば、Q6 e-tronは1回の充電で600km以上走行できるはずだ。

もちろん、これは運転の仕方にもよる。私たちが最初に乗ったのは「Q6 e-tron 55」で、2基の電動モーター(フロントとリアに1基ずつ)から380馬力のパワーを得ている。その一方で、車重は推定2,300kgか2,400kgと言われている。気安くアクセルを踏み込んでスタートしても、後部座席のダックスフンドを内張りの隙間から引っ張り出さなければならないようなことはない。

ブーストモードで500馬力以上

「SQ6」ではもっと起こりうることだ。490馬力のスポーツモデルは、ブーストモードでは500馬力を超えるパワーを発揮する。乗員をエネルギッシュにシートに押し込むのに十分なパワーだ。0から100km/hまでのスプリントは4.5秒もかからず、カーブを抜けてからの加速はとても楽しい。嬉しいことに、「S」モデルのフィーリングは全体的に硬めだが、不快感はない。

「SQ6」が標準的なSUVと視覚的にどのように異なるかはまだわかっていない。ひとつだけ確かなことは、テールパイプの違いはないだろうということだ。しかし、テクニカルディレクターのオリバー ホフマンは、はっきりと目に見える差別化を約束している。そして、「RS」モデルはさらに独立したものになるだろうと付け加えた。

これが「RS Q6」の発表なのか、それとも電動アウディ全般に当てはまるのか、ご想像の通り、まだ不明だ。アウディの誰も「Q6 e-tronスポーツバック」について語りたがらないのと同じように、セットと考えていいだろう。ハッチバックバージョンは興行的にヒットしており、開発コストは比較的低い。

360トライアングルによるさまざまなイルミネーショングラフィック

一方、アウディのライティングエンジニアは、デイタイムランニングライトとリアライトに力を注いでいる。最大8種類のグラフィックをインフォテインメントシステムまたはアウディアプリから選択し、「Q6」を個性的に演出することができる。フロントにはLEDが、リアにはいわゆるOLED、すなわち「有機EL」が使用されている。リアでは、合計360個のイルミネーテッドトライアングルにより、様々なイルミネーショングラフィックだけでなく、例えば、「Q6」が緊急停止したり、故障車を避けたりしなければなければならなくなった場合に、車から降りる同乗者や他のドライバーに警告するための警告トライアングルを表示することができる。

特別なハイライトは、アクティブテールライトだ。ソリッドなグラフィックではなく、360個のOLEDトライアングルが優しく揺らめき、輝く。しかも、あなたがそれに気づいても、後続車を刺激しないような方法で行われる。例えば、信号待ちでうっかり赤信号を見落としたために「Q6」に近づきすぎた場合、より明るい光が停止信号を出してくれる。

もちろん、これらすべてがお買い得価格で手に入るわけではない。予想通り、アウディも価格の発表を控えている。しかし、少なくとも6万ユーロ(約940万円)は間違いないだろう。そして、OLEDの美しいグラフィックは、オプションになると思われる。

結論: 第一印象: 待った甲斐があった。「Q6 e-tron」は堅実で、成熟し、よく練られた印象で、アウディに期待される非の打ちどころのない走りをする。e-テクノロジーとソフトウェアが実際に約束されたものを実現すれば、大きな成功を収めるだろう。

https://youtu.be/UgN2Vxj6tTAText: Michael Gebhardt Photo: Audi

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

坪井翔が魅せた“魂の5周”。鮮やかな逆転で4年ぶり&移籍後初勝利、“夫婦優勝”の快挙も達成【第4戦富士決勝レポート】
坪井翔が魅せた“魂の5周”。鮮やかな逆転で4年ぶり&移籍後初勝利、“夫婦優勝”の快挙も達成【第4戦富士決勝レポート】
AUTOSPORT web
幸運掴んだアントネッリが今季2勝目。宮田莉朋は18番手から7レースぶりの入賞/FIA F2第9戦レース2
幸運掴んだアントネッリが今季2勝目。宮田莉朋は18番手から7レースぶりの入賞/FIA F2第9戦レース2
AUTOSPORT web
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web
2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
AUTOCAR JAPAN
ブガッティはアフターセールスでも規格外!「ヴェイロン」「シロン」の中古車を比類ない顧客体験とともに提供するプログラムとは
ブガッティはアフターセールスでも規格外!「ヴェイロン」「シロン」の中古車を比類ない顧客体験とともに提供するプログラムとは
Auto Messe Web
【鈴鹿8耐】HRCとYARTがハイペースを維持、差は縮まらず勝負の終盤戦へ /6時間途中経過
【鈴鹿8耐】HRCとYARTがハイペースを維持、差は縮まらず勝負の終盤戦へ /6時間途中経過
AUTOSPORT web
「ピーキー」な1.6Lツインカム フォード・エスコート Mk1 サファリラリー(2) タイトすぎたペダル
「ピーキー」な1.6Lツインカム フォード・エスコート Mk1 サファリラリー(2) タイトすぎたペダル
AUTOCAR JAPAN
「18年」で完全復元! 宿敵はダットサン240Z フォード・エスコート Mk1 サファリラリー(1)
「18年」で完全復元! 宿敵はダットサン240Z フォード・エスコート Mk1 サファリラリー(1)
AUTOCAR JAPAN
高速道路走行中 突然の「タイヤ破裂」には要注意!? 夏の長距離ドライブ前に気をつけるべきポイントとは
高速道路走行中 突然の「タイヤ破裂」には要注意!? 夏の長距離ドライブ前に気をつけるべきポイントとは
VAGUE
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第4戦富士 決勝
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第4戦富士 決勝
AUTOSPORT web
高速SA「全面閉鎖します」15時までに全車出よ 花火大会に向け超警戒
高速SA「全面閉鎖します」15時までに全車出よ 花火大会に向け超警戒
乗りものニュース
発売延期も期待大! トヨタ「クラウン・エステート」は何が魅力? “ワゴンとSUVの美点”を融合したレジャーに強い「新種のクラウン」とは
発売延期も期待大! トヨタ「クラウン・エステート」は何が魅力? “ワゴンとSUVの美点”を融合したレジャーに強い「新種のクラウン」とは
VAGUE
「道路の白線」って何メートル? 実は一般道路と高速道路で長さが違う! 納得の理由とは?
「道路の白線」って何メートル? 実は一般道路と高速道路で長さが違う! 納得の理由とは?
くるまのニュース
リカルドQ1で最速、予選9番手「赤旗が出ずに新品タイヤでアタックできれば、もう少し上に行けた」/F1第13戦
リカルドQ1で最速、予選9番手「赤旗が出ずに新品タイヤでアタックできれば、もう少し上に行けた」/F1第13戦
AUTOSPORT web
【鈴鹿8耐】折り返しを迎えザルコが好ペースでリード。Moto2ライダーのアレナスも走行/5時間途中経過
【鈴鹿8耐】折り返しを迎えザルコが好ペースでリード。Moto2ライダーのアレナスも走行/5時間途中経過
AUTOSPORT web
大型トラックのEV普及にはバッテリーがキモ! 期待が寄せられる「全固体電池」の実現度
大型トラックのEV普及にはバッテリーがキモ! 期待が寄せられる「全固体電池」の実現度
WEB CARTOP
俳優・駒木根葵汰の「今、気になるバイクに乗りたい!」──Vol.2 スズキGSX-R125 ABS
俳優・駒木根葵汰の「今、気になるバイクに乗りたい!」──Vol.2 スズキGSX-R125 ABS
GQ JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

638.0728.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

375.0621.0万円

中古車を検索
Q4 e-tronの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

638.0728.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

375.0621.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村