サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ゴリゴリのデザインがカッコイイ! エアロパーツ満載の車3選

ここから本文です

■エアロパーツ装着車の見本のようなモデルを振り返る

 もともとはレースの世界で誕生したエアロパーツですが、1980年代には市販車でも普及が始まり、いまもドレスアップアイテムとして人気があります。

「何コレ…」 丸みゼロ! 異常にカクカクしたクルマ3選

 エアロパーツは空力抵抗の削減や、クルマを地面に押し付ける力である「ダウンフォース」を発生させる目的で開発されましたが、そんなレースカーのイメージを市販車にも取り入れられることから、ドレスアップにもつながったということです。

 黎明期には社外品がメインだったエアロパーツは、次第に自動車メーカーが標準装備やオプションで設定することで、市民権を得ました。

おすすめのニュース

サイトトップへ