サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ Vクラスが一部改良 MBUXやレーダーセーフティパッケージを標準化

ここから本文です

 機能充実でますますファミリー層にオススメの1台ヘ進化

 メルセデス・ベンツ日本は、本格ミニバン「Vクラス」の仕様を一部改良。7月13日より発売を開始した。今回の改良では、安全装備やインフォテイメントシステムを標準装備としている。

【納期4カ月待ちと注目度は抜群だが弱点は?】アルヴェル超えの超上級LLサイズミニバン「トヨタ・グランエース」は成功なるか

 2019年に登場した現行Vクラスでは、3点式シートベルト一体型シートや多彩なシートアレンジ、FRレイアウトによる運動性能の良さなどが魅力。さらに、安全性や快適性も高めているモデルだ。

 今回の改良では、先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備化。

おすすめのニュース

サイトトップへ