サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ビッグデータで危険運転発生箇所を特定…「刈谷市yuriCargoプロジェクト」開始 デンソーなど

ここから本文です

デンソー、愛知県刈谷市、イーデザイン損保の3者は、ビッグデータを活用して安心・安全なまちづくりを目指す「刈谷市yuriCargo(ゆりかご)プロジェクト」を7月1日から12月31日にかけて実施する。

歩行中および自転車乗車中の交通死亡事故は、約半数が自宅から500m圏内で発生している。地域住民の安全を守るためには、身近な道路における速度超過や急ブレーキなどの危険運転が多く発生する箇所を特定し、事故が起こる前に対策を講じる未然防止対策が求められている。

今回のプロジェクトでは、デンソーが開発したスマホで運転をスコアリングするアプリ「yuriCargo」を活用する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン