現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ザルコ「絶好調のマルティンは“バブル”にいる」タイトル争い急接近のチームメイトの好調、特定の理由は不明 

ここから本文です

【MotoGP】ザルコ「絶好調のマルティンは“バブル”にいる」タイトル争い急接近のチームメイトの好調、特定の理由は不明 

掲載
【MotoGP】ザルコ「絶好調のマルティンは“バブル”にいる」タイトル争い急接近のチームメイトの好調、特定の理由は不明 

 今季のMotoGPは終盤戦に入っているが、タイトル争いはここに来て接戦が繰り広げられており、フランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)に対し、ホルヘ・マルティン(プラマック)が一気に接近している状況にある。マルティンのチームメイトであるヨハン・ザルコは、彼の好調さについて説明するのは難しいと語る。

 マルティンは今シーズン、前半戦から優勝や表彰台を獲得していた。しかし9月のサンマリノGPにおけるポールポジション、スプリント勝利、決勝レース勝利のレースウィーク完全制覇を皮切りに、インドGPや日本GPでの連続表彰台と優勝を経て、一気にバニャイヤとのポイント差を縮め、今ではわずか3ポイント差に迫っている。

■ついに発表されたマルケスの離脱。驚きは少なくも……絶対的エース失うホンダの今後はどうなる?|MotoGPコラム

 そんなチームメイトの好調と活躍について、ザルコは何が優れているのかを正確に指摘することはできないようだったが、強みのブレーキングが活きるコース特性や、マルティンがある種の”ゾーン”に入っており、今はやることなすことすべてが上手く行くタイミングにいるのだと語った。

「彼は今“バブル”の中にある」と、ザルコはチームメイトについて語る。

「何もかもが上手くいっている。ライダーがそういうタイミングにいるとき、何が良くなっているのかは説明できないものだ」

「彼はやりたいことを彼の望むようにやっているだけで、全てが上手くいっている。ブレーキなどのフィーリングも良いんだろう」

「そのブレーキは、ドゥカティの強みでもある。だからそれを使いこなせるなら、以前ペッコ(バニャイヤの愛称)やベッツェッキ(マルコ・ベッツェッキ/VR46)が良い時にやっていたように、全てを凌駕できる」

「マルティンもそうやっている。それに加えて彼のコーナリングスピードを考えたスタイルなど、全てが上手くいっているんだ。インドではタイヤ選択を間違えたにも関わらず、2位だったんだからね」

 そんなザルコは、2023年シーズンを最後にドゥカティ陣営を離れ、来年からはLCRホンダに加入する。ドゥカティを去る前に“初優勝達成”のプレッシャーはあるのかと聞かれたザルコだったが、彼は「プレッシャーはない」と答え、将来もチャンスがあるだろうと話した。

「プレッシャーはないし、僕はホンダにもいいタイミングで加われると思っている」

「(インドGPでのマルク)マルケスとミル(ジョアン・ミル/ともにレプソル・ホンダ)の好パフォーマンスを見られて良かったよ。あの走りは、バイクにはまだ調整して適応できる良い能力があるということだからね」

「きっと僕も上手く適応して、将来的に勝利のチャンスを得られる。そうなれば良いサプライズだろうね」

 なお今シーズン残りの6レースで勝利を狙うことが目標になるかとザルコに訊くと、彼は最終戦バレンシアまでの5戦では勝利を掴むチャンスも高いだろうと答えた。

「どのサーキットが他よりも僕にチャンスを授けてくれるかについては、僕は考えていない」

「どこでも接近しているし、なにか起きる可能性はある。それに天候も変化するし、それだってチャンスを掴むためのチャンスのひとつだ」

「おそらくチャンスが一番少ないのはバレンシアだろう。だからそこまでにチャンスをつかめれば良いね」

関連タグ

こんな記事も読まれています

トヨタ「ランクル」よりデカイ! 日産「爆速SUV」実車展示へ! 全長5m&1500万円超えの「パトロール ニスモ」登場へ
トヨタ「ランクル」よりデカイ! 日産「爆速SUV」実車展示へ! 全長5m&1500万円超えの「パトロール ニスモ」登場へ
くるまのニュース
三菱電機、分社化する自動車機器事業 新社名は「三菱電機モビリティ」
三菱電機、分社化する自動車機器事業 新社名は「三菱電機モビリティ」
日刊自動車新聞
B-Max Racing、スーパーフォーミュラ合同テストは木村偉織&小出峻のSFライツ組に加えアメリカ出身のシーゲルを起用
B-Max Racing、スーパーフォーミュラ合同テストは木村偉織&小出峻のSFライツ組に加えアメリカ出身のシーゲルを起用
motorsport.com 日本版
クルマの下敷きに… 後を絶たない「ジャッキアップ事故」なぜ? タイヤ交換時期に注意! 使う時に注意するべきコトは
クルマの下敷きに… 後を絶たない「ジャッキアップ事故」なぜ? タイヤ交換時期に注意! 使う時に注意するべきコトは
くるまのニュース
憧れの輸入車を普通二輪免許で!国外メーカーの中型バイク5選
憧れの輸入車を普通二輪免許で!国外メーカーの中型バイク5選
バイクのニュース
レクサスのBEV「RZ」にFWDモデル「RZ300e」登場
レクサスのBEV「RZ」にFWDモデル「RZ300e」登場
Auto Prove
バスティアニーニ、2024年型のプロトタイプバイクに好感触「2023年よりも良いスタートだ」
バスティアニーニ、2024年型のプロトタイプバイクに好感触「2023年よりも良いスタートだ」
motorsport.com 日本版
「小さなランクル」開発中!? ランクル70は早くも“納期2年超え”! トヨタ首脳が暗示した“もっと手に入れやすい”「コンパクトクルーザー」とは?
「小さなランクル」開発中!? ランクル70は早くも“納期2年超え”! トヨタ首脳が暗示した“もっと手に入れやすい”「コンパクトクルーザー」とは?
VAGUE
京都市は「観光公害」より、昔からの「渋滞問題」を論ずる方が先決だ
京都市は「観光公害」より、昔からの「渋滞問題」を論ずる方が先決だ
Merkmal
スズキが5速MTの新型「軽ワゴン」発売! 1か月ぶりに復活!? いまや希少なクルマに対する販売店への反響は?
スズキが5速MTの新型「軽ワゴン」発売! 1か月ぶりに復活!? いまや希少なクルマに対する販売店への反響は?
くるまのニュース
環境問題よりも一般ユーザーは日々の生活が大切! BEVはユーザーがメリットを感じなければ普及しない
環境問題よりも一般ユーザーは日々の生活が大切! BEVはユーザーがメリットを感じなければ普及しない
WEB CARTOP
灯油スプレーで片付けも簡単! 安くて効果てきめんなエンジンの油汚れ落とし方法【温故知新】
灯油スプレーで片付けも簡単! 安くて効果てきめんなエンジンの油汚れ落とし方法【温故知新】
WEBヤングマシン
経産省、「CEV補助金」の新制度概要案 9つの「評価項目」の達成度に応じて補助金額を決定 LCAの観点で総合評価
経産省、「CEV補助金」の新制度概要案 9つの「評価項目」の達成度に応じて補助金額を決定 LCAの観点で総合評価
日刊自動車新聞
三浦獠太がフィアット500への思いを語る!──連載:CAR OBSESSION
三浦獠太がフィアット500への思いを語る!──連載:CAR OBSESSION
GQ JAPAN
ガチンコ勝負! ポルシェに対する新たな切り札 460馬力「BMW M2」はケイマンGTS 4.0に勝てるか?
ガチンコ勝負! ポルシェに対する新たな切り札 460馬力「BMW M2」はケイマンGTS 4.0に勝てるか?
AutoBild Japan
F1における多様性はまだまだ足りない! ハミルトンの嘆きと覚悟「やるべきことがたくさん残ってるな」
F1における多様性はまだまだ足りない! ハミルトンの嘆きと覚悟「やるべきことがたくさん残ってるな」
motorsport.com 日本版
2024年はポルシェ『911』オーナーになる…道案内しよう
2024年はポルシェ『911』オーナーになる…道案内しよう
レスポンス
<新連載>[低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「小型・薄型パワードタイプ」のチョイスのポイントを解説!
<新連載>[低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「小型・薄型パワードタイプ」のチョイスのポイントを解説!
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村