サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】ホンダ ヴェゼルの最量販グレード「e:HEV Z」。インテリアにプラスティッキー感はなし

ここから本文です

およそ7年半ぶりのフルモデルチェンジとあって発売前から話題沸騰だった新型ヴェゼル。今回は人気グレードであるハイブリッドの「e:HEV Z」を連れ出して、新しいホンダの主力SUVとなるヴェゼルの息吹を感じてきた。(Motor Magazine2021年7月号より)

愛着が湧く顔立ち。コネクティッドも充実
このところホンダ車のデザインはずいぶんと変わってきた。以前は無機的だったけれど、最近は温かみや愛嬌にあふれ、まるで喋り出すのではないか? というくらいの生き物っぽさが、全面にクローズアップされてきたように思う。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

新型ヴェゼルもそう。

おすすめのニュース

サイトトップへ