サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ ヤリスが改良で全車速対応ACCを標準化して最大の弱点を克服。死角は消えたのか?

ここから本文です

<燃費で圧倒するヤリスの弱点は低速で使えないACCだった>

2020年、日本を代表するコンパクトカー「トヨタ ヤリス」、「ホンダ フィット」、「日産 ノート」がそれぞれフルモデルチェンジをしました。ヤリスとフィットはガソリン車とハイブリッドを設定、ノートはハイブリッドのみの設定です。

トヨタ「ヤリス」 一般ユーザーならオススメはガソリンモデルの中間グレード「G」

ヤリスはクロスオーバースタイルの「ヤリスクロス」、スポーツモデルの「GRヤリス」も販売台数に加えられるため数字が抜きんでていますが、5ドアのハッチバック車を探しているユーザーからすれば、間違いなくこの3台はガチンコのライバルのはず。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン