サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジェイテクト、マイナス40℃以下の極寒冷地に対応できるハブユニットを開発

ここから本文です
 ジェイテクトは28日、マイナス40度以下の極寒冷地でも高い密封性を保つシール材を採用したハブユニットを開発したと発表した。自動車や産業機械のメーカーに売り込み、2025年に年間25億円の売上高を目指す。

 燃費向上や電動車の航続距離を延ばすため、ハブユニットにも抵抗の削減が求められている。ハブユニットで発生するトルクの約半分をシール部が占めるが、主力材料のニトリルゴムは耐油性や耐摩耗性に優れる一方、耐寒性が他のゴムより劣る性質がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ