サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ「給油口」は左右バラバラ? 「借り物で困惑も」 車種毎に異なる理由とは

ここから本文です

 クルマの給油口は、モデルによってボディの右側もしくは左側に取り付けられています。

 すべてのクルマで統一されているほうが、給油の際などに困ることがないと思われますが、なぜ給油口の位置はバラバラに設計されているのでしょうか。

希望ナンバー なぜか多い「3298」の正体

 最近では、セルフサービスのスタンドも増えているため、自分で給油するという人も少なくなく、家族のクルマやレンタカーの給油時には給油口が左右どちらについているかわからず、困ってしまったという経験があるかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ