サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「ダイハツアトレー」17年ぶりのモデルチェンジで、すべてが現代的にアップデートされた(萩原文博レポート)

ここから本文です

2021年12月、ダイハツは軽商用車の「ハイゼットカーゴ」、「アトレー」のフルモデルチェンジを約17年ぶりに行いました。特に注目したいのはアトレー。先代モデルはアトレーワゴンという名前の乗用モデルでしたが、現行型はワゴンの名が外れて、商用モデルへと路線変更しました。そんな新型アトレーに萩原文博さんが試乗しました。

スーパーハイトワゴンと似ているけれど

カーリースの料金シミュレーションで徹底比較!車を購入するのとどちらがお得?

まずは、なぜ現行型アトレーが商用モデルとなったのかを説明しましょう。現在、軽自動車の主力モデルとなっているのが、ダイハツタントやホンダN-BOXをはじめとした軽スーパーハイトワゴンと呼ばれるモデルです。

おすすめのニュース

サイトトップへ