サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > サプライヤー大手のアプティブが次世代の自動運転プラットフォームを発表

ここから本文です

すべての車両セグメントで費用対効果の高い方法で対応できるオープンでスケーラブルなプラットフォーム

アメリカの大手サプライヤー「アプティブ(旧称デルファイ)」はこのほど、将来の自動運転EVに向けた「スマート・ビークル・アーキテクチャー」の一部として、次世代のADAS(先進運転支援システム)用プラットフォームを発表した。

自動運転車の実証実験がより簡便に

アプティブは、1999年に業界で初めてレーダーを活用したアダプティブクルーズコントロールシステムを開発して以来、自動運転の合弁会社「Motional」を設立するまで20年以上にわたってADASの開発を主導してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ