サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 名門F1チーム、ウイリアムズがついに身売りを検討。今が“売り時”と判断したのは何故なのか?

ここから本文です

名門F1チーム、ウイリアムズがついに身売りを検討。今が“売り時”と判断したのは何故なのか?

名門F1チーム、ウイリアムズがついに身売りを検討。今が“売り時”と判断したのは何故なのか?

 5月29日、ウイリアムズグループがF1チームの株式売却を検討していることが明らかになった。現時点で様々なオプションを検討しているものの、場合によってはチームを完全に売却する可能性も視野に入れているようだ。

 ウイリアムズF1チームは、ここ数年間パフォーマンスの低下に悩まされてきた。2014年、2015年はそれぞれフェラーリ、レッドブルを上回りコンストラクターズランキング3位に入るなど“復活”を見せていたが、そこから獲得ポイントは減少の一途をたどり、2018年、2019年は2年連続でランキング最下位となってしまった。

■ウイリアムズの将来、今後3~4ヵ月が勝負か。「今は投資を求める絶好の時」

 各F1チームは絶えず増加する支出と収入を釣り合わせる必要があるが、それが極めて難しいことであるのもまた事実。チームの成績が上向かないと分配金の額も下がり、パフォーマンス向上の為の資金が得られない悪循環に陥っていくのだ。

 チーム代表のフランク・ウイリアムズはパトリック・ヘッドと共にこのチームを立ち上げ、以来チームを売却することに抵抗し続けてきた。ここ数年も投資や買収のオファーがなかった訳ではないが、フランクは“家業”とも言えるこのビジネスを手放すつもりはなかった。しかしながら、最終的にヘッドが今が売り時だと判断したのだ。

 2009年にはトト・ウルフが株式を取得したが、彼がメルセデスに注目を移した後にそれはアメリカ人実業家のブラッド・ホリンガーによって購入された。ホリンガーは今もウイリアムズの重要な株主のひとりであり、17%の株式を保有している。

 そして2011年にウイリアムズは、フランクフルト証券取引所に上場するためのプロセスを開始した。これによりフランク・ウイリアムズが所有する一部の株式を利用して、20%の株式が取引可能となった。

 その後2019年12月には大規模な事業再編があった。成功を収めていたウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが売却され、現金が流入。現在ウイリアムズグループは少数の株主によって維持されている。

 ウイリアムズは新たな投資、または新たなオーナーを募集することになるが、上場企業である以上、法的責任や財務上の透明性が求められる。彼らが発表した声明には次のように記されている。

「検討しているオプションとしては、新たな資本の調達、ウイリアムズ・グランプリ・ホールディングス(WGPH)の少数株主持分の売却、または会社全体の売却を含む、WGPHの多数株主持分の売却がある」

「最適な結果を求めて、決定はまだ下されていないが、関係者との議論を容易にするために、”正式な売却プロセス”の開始を発表する」

「そのプロセスに参加する全ての利害関係者は、WGPH理事会にとって納得のいく条件でWGPHとの機密保持契約を締結する必要がある」

「その後、そのような利害関係者にビジネスに関する特定の情報を提供する。そしてその利害関係者は、それぞれの提案を提出するように要求される」

 今回のウイリアムズに関するニュースは、彼らの2019年度決算と時を同じくして流れた。特にF1チームの収益減は顕著で、1億3070万ポンド(約173億円)から9540万ポンド(約127億円)に減少している。これは非常に大幅な減少と言える。100を超えるウイリアムズのF1マシンが担保としてリストアップされたという事実が、彼らの直面している厳しい現実を象徴している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します