サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツ E350de 日本初のディーゼルPHEVの凄い実力(FR/9速AT)

ここから本文です

メルセデス・ベンツ E350de 日本初のディーゼルPHEVの凄い実力(FR/9速AT)

2019年10月に日本初のディーゼル・プラグインハイブリッドが発売となった、メルセデス・ベンツEクラスの「E350de」に試乗する機会があったので、早速お伝えしよう。

これほど静かだとは

HERE 3次元道路モデル活用の「HERE Lanes」発表

プラグインハイブリッドの仕組みについては、もはや説明は不要だと思うが、モーターが駆動アシストするパラレルハイブリッドとモーターだけで走行するEVモードがあり、内燃機関であるエンジンと組み合わされている。そのエンジンが、ディーゼルと組み合わされたのがE350deだ。

とにかく、びっくりするほど静かで、そしてパワーがあることに驚く。試乗前にディーゼルPHEVであることを確認して走りだしたが、「本当に?」と疑いたくなるほどディーゼル感が全くない。試乗車は充電状況が100%満充電されていたので、走り出しからEV走行する。だから尚更ディーゼルのネガなど顔を出すはずもなく、滑らかで静かなEV走行をする。

このままずっとEV走行していたのではディーゼルとのマッチングも確認できないので、下り坂であえてパドルシフトを使ってギヤをダウンさせる。するとエンジンがかかりエンジンブレーキが働くが、それでも「本当にディーゼルなのか」と思うほどなのだ。

そうなると、どこでディーゼルのネガが出てくるのか? 探したくなる。ネガといえば音と吹け上がりの滑らかさといった部分だと思うが、そもそもタコメーターを見れば5500rpmまで回せる表示。その時点でガソリンかディーゼルか悩む。近年のダウンサイジング・ガソリンエンジンは高回転型ではなくなっているので、5500rpmは微妙だ。

ラフな操作でも

アクセルを強く踏み込みエンジンを回してみる。滑らかに吹け上がり静粛性も保たれている。とはいえガソリンエンジンとの比較では、その吹け上がりがゆっくりだと感じるが、そのフィーリングの違いを感じ取れるのは、ごく限られたユーザーではないだろうか。

で、音だ。ディーゼル音は加速の時や高回転側に回った時にディーゼル音だと気づくわけだが、その音すら室内には入ってこない。高回転側へ無理矢理回して耳を澄ますと、遠くでエンジン音が聞こえてくる。気にすれば、確かにディーゼルの音だが、その音色の区別はもはやマニアの領域と言っていいほどで、一般的には区別できないだろう。

Eクラスという車格のモデルに搭載しているから、当然の静粛性なのかもしれないが、これほど静かだとは・・・と驚かされた。また、「いいなぁ」という独り言も度々出ていた。

それと700Nmという強烈なトルクも印象に残った。Eクラス恐るべし。高性能エンジンを搭載し爆音を響かせるようなモデルに負けないフル加速をし、それでいて静か。賢さが思いっきりアピールされる瞬間だと思う。

これだけダウンサイジングが一般化されてくると、AMGのような特殊な高性能モデル以外での大排気量はもはや意味を理解しにくくなる。小排気量であればあるほどスマートに感じるように世間は変わってきているのではないだろうか。

滲み出る賢さ

少し乱暴に走りディーゼルのネガ探しをしたが、見当たらないことがわかり、普通に走行してみる。高速で巡航していると、エンジンは止まりEV走行に切り替わる。傾斜なのか、バッテリー状況なのか、ときどきエンジンが稼働する。そうした走行を繰り返すのだが、メーターを見ていないとエンジンの稼働状況は体感しないのだ。おそらく後席にいたらずっとEV走行していると感じるのではないだろうか。それほどメルセデスにふさわしい静粛性があった。

市街地に降り、周りの車列に溶け込んで走行するとアクセル開度は1/8で済む。ほとんどアクセルを踏み込むことなく周囲の流れに乗れる。もちろん、驚異的とも言える静粛性を感じながら、賢さの優越感すら湧き出てくるのだ。

EV走行は50km

試乗したモデルは「E350de アバンギャルドSports」で、車両本体価格は875万円(税込)。これにオプションのエクスクルーシブパッケージをつけて937万4000円(税込)というモデル。Eクラスはメルセデスの中核を担うモデルであることは言うまでもないが、こうした環境性能の高さをもったEクラスだと、さらにスマートに見えると思う。

ボディサイズは全長4923mm、全幅1852mm、全高1474mmでホイールベースが2939mmという堂々としたサイズだ。肝心のエンジンは2.0L直列4気筒のディーゼルターボ。エンジン単体の出力は194ps(143kW)/3800rpm、400Nm/1600-2800rpmというスペックで、モーターなしでも十分立派な出力を持つエンジンだ。

これにモーターが最大出力122ps(90kW)、最大トルク440Nmが加わりシステム合計で306ps(225kW)、700Nmというスペックになるのだ。そしてモーターだけで走行できるEVモードは50kmとなっているから、日常の利用では電気自動車としての利用をメインにできる。これだけのモーター出力があるから、エンジンが稼働しなくても市街地走行はモーターだけで十分なわけだ。

ちなみに燃料タンクは60Lでもちろん軽油を使う。そして9速ATが組み合わされ、電池容量は13.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載している。

さらにEV走行を賢く行なうためのインテリジェントアクセルペダル、というのが装備されている。これは、「プレッシャポイント」という機能で、EV走行時にこれ以上アクセルを踏むとエンジンが掛かるよ、というポイントをアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせる機能があるのだ。だから、無駄に燃料を使うこともなくますますスマートな走行が可能になる。

そのうえダブルパルス機能というのがあって、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、ドライバーが不要な加速操作を行なっている場合、アクセルペダルに2回ノックパルスを発生させて不要なアクセルワークを防ぐことができるのだ。

高性能車なみに走る力強さと高い環境性能の両立という世界を味わうことができる試乗だった。こうしたスマートさはクルマを知っている人ほど深く、強く印象に残るのではないだろうか。<レポート:高橋明/Akira Takahashi>

価格

・E350de AVANTGARDE Sports 875万円(税込)

試乗車情報

・ボディサイズ:全長4923mm 全幅1852mm 全高1475mm ホイールベース2939mm
・エンジン:2.0L直列4気筒ディーゼル+プラグインハイブリッド
・トランスミッション:9速AT
・EV走行距離:50km
・システム出力:225kW(306ps)/700Nm
・価格:875万円+エクスクルーシブパッケージ26万1000円 937万4000円(税込)

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

メルセデス・ベンツEクラス関連記事 https://autoprove.net/mercedes-benz/e-class/
メルセデス・ベンツ関連記事 https://autoprove.net/mercedes-benz/

メルセデス・ベンツ日本公式サイト https://www.mercedes-benz.co.jp/

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します