サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 兄弟でもキャラが全然違う!? トヨタ「RAV4&ハリアー」の乗り味の違い

ここから本文です

兄弟でもキャラが全然違う!? トヨタ「RAV4&ハリアー」の乗り味の違い

■兄弟でも性格は正反対!? RAV4とハリアーの違いとは

 トヨタは、最近の新型モデルにおいて精力的に新型SUVを投入しています。とくに日本では、2019年4月に「RAV4」、11月に「ライズ」、2020年6月に「RAV4 PHV」、「ハリアー」が登場。2020年秋には「ヤリスクロス」を発売予定です。

爆売れかも!? 全長4m以下のトヨタ「グランザ」 日本に丁度良いサイズ

 日本自動車販売協会連合会がまとめた2020年6月度の登録台数を見てみると、1位にライズ、2位にトヨタ「ヤリス」、3位「カローラ」と上位3車種がトヨタ車。さらに、SUVでは12位にRAV4、13位に新型ハリアーが入っています。

 RAV4とハリアは奇しくも、ともに4000台強という登録台数でした。もちろんハリアーはデビュー直後ですので同じ条件で判断することはできませんが、販売チャネルが統合されたトヨタのなかで、この2車種はもっとも競合するモデルといえます。

 まず価格帯を見てみると、RAV4は265万6500円から388万8500万円、ハリアーは299万円から504万円。RAV4の売れ筋となるガソリンモデルとハリアーでは、価格帯がバッチリ重なっているのです。

 もちろんデザインの好みがあるので、最初からどちらかを選ぶ人もいると思いますが、トヨタのSUVが欲しいと漠然と考えているユーザーにとってはこのふたつの選択肢になります。

 次に、この2車種は同じTNGAプラットフォームの「GA-K」を使っている兄弟車です(ちなみに北米モデルのハイランダーも兄弟車)。あまり関係ないかもしれませんが、開発責任者も同じ。そんな2車種が社内競合しないで市場をシェアできるのか、乗るまでは少々疑問でした。

 今回、東京の販売会社となるトヨタモビリティ東京が主催した試乗会にて、RAV4とハリアーを乗り比べると、実はまったく性格が異なる兄弟だということがすぐに分かりました。

 2車種の共通しているのは、TNGAを採用したことでボディ剛性やボディバランスが極めて高くなっているということです。RAV4もそうでしたが、ハリアーも走り出した瞬間に「ボディが極めてしっかりしている」ということを感じます。

 しかし、ボディ剛性の高さやそこから生まれるサスペンション性能の余裕が、2車種では違ったベクトルに振られているのです。

 まずRAV4は、そのキャラクター通り、オフロード走行ということを強く意識しています。昨今ではモノコックボディ構造でオフロードSUVというスタイルが珍しくなくなりましたが、悪路でボディが受ける衝撃に耐えるには、ラダーフレームを使うというのがこれまでの常識でした。
 
 オフロード走行ができることを謳っていても、「本当にこのボディで大丈夫なのか?」というSUVはいくらでもあります。

 しかしRAV4は骨太な高剛性ボディを採用することで、激しいオフロードドライブでも優れたボディの捩り剛性を発揮し、サスペンションへの影響も極めて低いレベルに抑えています。

 ガソリンモデルの「Adventure」系グレードには、「ダイナミックトルクベクタリング AWD」というアクティブトルクスプリットタイプの4WDシステムを搭載。

 さらに、走行シーンによって駆動トルクの配分を変化させることができる電子デバイス「マルチテレインセレクト」を採用し、アクティブかつイージーにオフロードランが楽しめるようになっています。

■RAV4&ハリアー、走破性の違いは?

 RAV4の下回りを覗いてみると、ハリアーよりも長いアームやコイルスプリングを採用しており、ジオメトリーも悪路走行をより考えていることが理解できます。

 ロードクリアランスに関しても、「Adventure」系グレードは200mmを確保。これはハリアーのガソリングレードよりも、5mm大きい数値です。

 一方ハリアーは、同じプラットフォームを共有しているにも関わらず、乗り味はまったく別物です。サスペンションの動きを少なく設定し、RAV4よりも車両の挙動変化が少ないフィーリングとなっています。人によっては、“ちょっと乗り味が硬いな”と感じるかもしれません。とくに2WDはリアがカチッとし過ぎかなと思われるところもあります。

 ハリアーでダートを走れないわけではありませんが、おそらくリアが跳ねて辛いのではないでしょうか。

 なぜなら、ハリアのキャラクターは完全にオンロード寄りのクロスオーバーというのがトヨタの設定です。一方のRAV4は、基本的にはオンロード寄りの味付けとしながらも、オフロードを強く意識したグレードを設定。SUV本来のあり方に立ち返り、それをトヨタ最新の技術によって具現化したモデルとなっています。

 もちろん、デザインがまるで違いますし、後部座席に座った雰囲気も2モデルでは異なります。まずそこで好みが分かれるかもしれませんが、日常生活でシャープな走りを望むならハリアー、後ろに人が乗せる機会が多い人や様々なレジャーシーンで使いたい人にはRAV4という棲み分けになるのではないでしょうか。

 現在ハリアーの納期は11月から来年になっており、さらにRAV4は8月上旬に一部の仕様変更を控えているため受注が中断されている状態です。もし、この2モデルの選択で迷っているなら、この期間にじっくりと検討するのもいいかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します