現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱「アウトランダーPHEV」が欧州市場NO.1プラグインハイブリッドSUVに

ここから本文です

三菱「アウトランダーPHEV」が欧州市場NO.1プラグインハイブリッドSUVに

掲載 更新 1
三菱「アウトランダーPHEV」が欧州市場NO.1プラグインハイブリッドSUVに

■2020年欧州販売No.1のSUVタイプのプラグインハイブリッド

 三菱は、2020年の欧州市場において、「アウトランダーPHEV」がSUVタイプのプラグインハイブリッドとしては最多となる2万6673台を販売したと発表。同販売台数は、プラグインハイブリッド全体としても2番目となる記録です。

新型「ハリアー」にそっくり!? トヨタ新型「ヴェンザ」発表

 アウトランダーPHEVは電動化技術と四輪制御技術を融合した三菱自動車のフラッグシップモデルで、力強く滑らかで静かなEVならではの走りと優れた環境性能が人気のモデルです。

 2013年1月より世界初のSUVプラグインハイブリッドとして日本で発売され、これまでに60か国以上で販売。累計販売台数は、2020年12月末時点で27万台に達しています。

 三菱自動車CEO 加藤隆雄氏は、同記録について次のようにコメントしています。

「環境意識が高く電動化が急ピッチで進む欧州において、当社のアウトランダーPHEVを多くのお客さまにお選びいただいていることを、大変うれしく思っております。

 当社の命題は、得意とする環境技術をさらに強化し、4WD技術をいっそう磨き上げることで、安心感のある魅力的な商品を世界中のお客さまに提供することです。

 当社はプラグインハイブリッドを中心にEVやハイブリッドなども含め、2030年の電動車比率を50%とする計画であり、電動車の普及を通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります」

●アウトランダーPHEVの特長

・日常の大半はEV、遠出の際はハイブリッドとして、充電の不安なく思いのままにモータードライブを楽しめます。
・ツインモーター4WDシステム及び車両運動統合制御システム「S-AWC」により、さまざまな天候や路面状況において、誰もが安心・安全に運転を楽しめます。
・アウトドアレジャーや非常時において、大容量の駆動用バッテリーに蓄えた電力を、車内2か所に設置されたAC100V(最大1500W)コンセントをとおして、電化製品に使用することができます。
・アウトランダーPHEVは自ら発電できるため、満充電・満タンの状態であれば、V2H機器を経由して一般家庭の約10日分の電力を供給することができます。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
AUTOSPORT web
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
AUTOSPORT web
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
AUTOSPORT web
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
AUTOCAR JAPAN
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
AUTOSPORT web
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
くるまのニュース
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
AUTOSPORT web
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
AUTOCAR JAPAN
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
Auto Messe Web
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
AUTOSPORT web
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
AUTOCAR JAPAN
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
AUTOSPORT web
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
VAGUE
史上最強・最速のスマートがさらに進化! ブラバスらしい個性派カスタマイズ
史上最強・最速のスマートがさらに進化! ブラバスらしい個性派カスタマイズ
レスポンス
イソッタ・フラスキーニの組織再編で、モータースポーツディレクターのベッロが退社。後任は同社CEO
イソッタ・フラスキーニの組織再編で、モータースポーツディレクターのベッロが退社。後任は同社CEO
AUTOSPORT web
「山の日」前後が激しい! 2024年お盆の高速道路の渋滞予測 10km以上は対前年で1.6倍
「山の日」前後が激しい! 2024年お盆の高速道路の渋滞予測 10km以上は対前年で1.6倍
乗りものニュース

みんなのコメント

1件
  • 市場がまだまだ小さいから体力的にもたない。
    そして全ての性能はRAV4PHVが凌駕。
    二次電池供給がネックになっているが解消される見通しだから、アウトランダーには勝ち目ない。
    赤字が膨大だから仕方ない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

63.0656.8万円

中古車を検索
アウトランダーPHEVの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

63.0656.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村