現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ Cクラス(W203)に、ベストなタイヤを見つけた!

ここから本文です

メルセデス・ベンツ Cクラス(W203)に、ベストなタイヤを見つけた!

掲載 更新
メルセデス・ベンツ Cクラス(W203)に、ベストなタイヤを見つけた!

リアのアライメントの不具合から、トレッド面の内側だけが極端に減ってしまった14年落ちのメルセデス・ベンツ C230アバンギャルド(W203)のリアタイヤ。フロントはまだ6分山ほど残っていたのですが、この機会に4本まとめて交換をすることにしました。新しいタイヤに選んだのは、ネクセンタイヤのプレミアムモデル N'FERA SU1(エヌフェラ エスユー1)です。手前味噌を承知でいえば、CarMeでもたびたび取り上げているネクセンタイヤは、自動車ジャーナリストはもちろんユーザーからも評価が高く、とても気になっていたタイヤでした。そこで今回は、身をもって体験してみよう!ということで、ラインアップ中、最上級に位置するN'FERA SU1をチョイス。実際に愛車に装着してみたところ、これが予想以上に好印象(ネクセンさんゴメンナサイ)だったので、みなさんにも知っていただきたく、その素晴らしさを報告することにしました。

まさか!ノーマルなのに、タイヤが片減りするなんて!

13年落ちのCクラス(W203)、24ヶ月点検

ことの発端は、我が愛車メルセデス・ベンツ Cクラス(W203)ステーションワゴン アバンギャルド(長い名前だな)が、車検後しばらくすると雨天時に鉄板やマンホールの蓋などにリアが乗ると、発進でときおりスリップが起こっていたことでした。
当然、タイヤの摩耗を疑うわけですが、タイヤを交換して走行したのは3万キロ程度、タイヤがボウズになるのは早すぎますし、目視でも減っている様子はなく、さらにコーナリング中にちょっと乱暴にアクセルを開けてもリアが滑り出すような素振りもありません。
「なんだろなー、怖いなー」なんて稲川淳二さんのようにつぶやきながら日々のアシに使っていたのですが、それから数週間後!遅れていた24ヶ月定期点検のため横浜の「カーケア・ジャパン横濱ファクトリー」に入庫させたところ、なんと!リアタイヤの偏摩耗が発覚!!

見れば、内側だけ極端に減っており、一部は内部のベルトまで届いているという、もうスポコン系もびっくりのネガキャン状態です!!
停止状態で外側から確認しても発見できず、さらに発進時だけタイヤがスピンして、コーナーリング時に滑らなかったのには、こんなワケがあったのです。
ちなみに、この時代のマルチリンクを採用するメルセデスは、リアのサスペンションブッシュがヘタってくると同様の傾向があるとのことなので、同型車を乗っている方々は注意してください。

気になっていたネクセンタイヤをついに装着

さてさてそんなこんなで新しいシューズを買わなければなりません。そこで白羽の矢を立てたのが、以前から気になっていたネクセンタイヤ。銘柄は、CarMeの記事でもなんどか紹介しており、モータージャーナリストの先生方からも評判が良いネクセン N'FERA SU1です。
じつは、このタイヤを選んだのにはもうひとつ理由がありました。それが、メルセデス・ベンツ C230アバンギャルドのフロント=205/55R16、リア=225/50R16というタイヤサイズです。
とくにフロントサイズは、W203 が新車で販売されていた当時は、国産でも重宝されており、各メーカーラインアップを揃えていたのですが、最近は純正装着するモデルが少なくなったこともあって、一部の銘柄ではラインアップから落ちているというのが現状。
前後、同じ銘柄で探すと、選択肢がかなり絞られてしまうやっかいなサイズなのです。しかし、そこはヨーロッパ市場で強いネクセンタイヤ。しっかりラインアップされていました。
実際に装着した感想ですが、クレイジーケンバンドの横山剣さんふうに言えば「イイ~ネ!」です。
私のタイヤの好みは、グリップはある程度でもウェット性能が高く、直進性があって、ノイズは少なく、サイドウォールが適度にたわんで路面の小さな凸凹を吸収してくれるというもの。
これって世間一般でいうところの高級タイヤの性能なので、価格もそれなりです。そんななかネクセン N'FERA SU1は、ライバルメーカーに比べて市場価格で1~2割ほど安く手に入れることができますから、私の嗜好と薄いお財布には本当の意味でベストマッチだったのです。

クッションが良くて、軽い。高級な乗り心地

装着前のチェックで気づいたのは、サイドウォールが柔らかいことと、タイヤ自体が軽量にできていること。
サイドウォールのたわみはハンドリングにも影響する重要な性能ですが、走り出してみるとネクセン N'FERA SU1のそれは、ちょうどいいたわみで、路面の細かい凸凹を上手く吸収してくれます。
また、タイヤが軽量なことも影響しているのか、走り出すと軽く転がる感じも◯。直進性も問題なく、市街地ではクルマ自体のあしまわりが改善された印象です。
その好印象は高速域でも変わらず。以前のタイヤは、パターンノイズやグリップは問題なかったのですが、じつはサイドウォールのたわみがイマイチ。それがコツコツという気になる乗り心地を生んでいました。それがもうホント、ネクセンのN'FERA SU1に変えたら、タイヤのサイドウォールが仕事をしてくれるおかげで気にならなくなっています。
さらにロードノイズも少なく、直進性も問題なし、ステアリングに伝わるグリップ感もしっかりしており、コーナリングではサイドウォールのたわみによる剛性感の不安など微塵もありません。
またウェット性能についても、装着後、数ヶ月で何度か経験したなかでは、排水性にもなかなか良さそうです。
そのフィーリングは、誤解を恐れずに言ってしまえば、すこし前のヨーロッパ系メーカーの高性能タイヤが好きな方は、きっと気に入ってくれるだろうなと思える、トータルバランスに優れたもの。あらゆるポイントが高得点で、カタログに「エコ・プレミアムスポーツタイヤ」を謳うだけのことはあるのです。
ちょっと褒めすぎなんじゃないかとも思いますが、とくに私のようなチョイ古の輸入セダン&ステーションワゴンには、ベストマッチなタイヤだと実感しています。

もしも上質な乗り心地で総合バランスに優れたコスパの良いタイヤを探していたり、高級セダンや高性能ツーリングカーでタイヤ選びに迷っている方、なかでもヨーロッパ系のどっしりとした車種のオーナーは、「ぜひ一度お試しあれ」のタイヤなのです。

こんな記事も読まれています

「良い意味で“クレイジー”」「F1に近いクルマ」「岩佐との差を感じた」【SF Mix Voices ルーキーテスト】
「良い意味で“クレイジー”」「F1に近いクルマ」「岩佐との差を感じた」【SF Mix Voices ルーキーテスト】
AUTOSPORT web
〈2023年11月度CM好感度ランキング〉スズキ「ワゴンR」、広瀬すず効果で1位に かわいらしさに好感
〈2023年11月度CM好感度ランキング〉スズキ「ワゴンR」、広瀬すず効果で1位に かわいらしさに好感
日刊自動車新聞
教習所の教官は公務員なの? 実は人により「みなし公務員」に該当! 自動車教習所の不思議とは
教習所の教官は公務員なの? 実は人により「みなし公務員」に該当! 自動車教習所の不思議とは
くるまのニュース
夜の中央道「諏訪湖SA」でいただくシンプルかつ定番の定食に安堵する バイクで行く高速道路グルメ
夜の中央道「諏訪湖SA」でいただくシンプルかつ定番の定食に安堵する バイクで行く高速道路グルメ
バイクのニュース
やっぱりクルマでモテたいぞっ!! 「プレリュード」復活で再注目!! 令和の最新「デートカー」8選
やっぱりクルマでモテたいぞっ!! 「プレリュード」復活で再注目!! 令和の最新「デートカー」8選
ベストカーWeb
人生最初のクルマは「新車or中古車」、結局どっちがいいの? という素朴な疑問
人生最初のクルマは「新車or中古車」、結局どっちがいいの? という素朴な疑問
Merkmal
ホンダが米国で開催される「CES2024」で新たなグローバルEVシリーズを世界初公開すると予告
ホンダが米国で開催される「CES2024」で新たなグローバルEVシリーズを世界初公開すると予告
カー・アンド・ドライバー
ホンダ初のeモータースポーツイベント「GT Grand Final 2023」開催。グランツーリスモ7で世界レベルの大激戦繰り広げる
ホンダ初のeモータースポーツイベント「GT Grand Final 2023」開催。グランツーリスモ7で世界レベルの大激戦繰り広げる
motorsport.com 日本版
トヨタが新型「ハイラックス ハイブリッド」発表! 全長5.3mの「大型ピックアップ」でも“低燃費”実現!? 2024年に欧州発売へ
トヨタが新型「ハイラックス ハイブリッド」発表! 全長5.3mの「大型ピックアップ」でも“低燃費”実現!? 2024年に欧州発売へ
くるまのニュース
アプローチに感銘、アルファード&ヴェルファイア…藤島知子【日本カーオブザイヤー2023-2024】
アプローチに感銘、アルファード&ヴェルファイア…藤島知子【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
先代プリウス狙い目すぎ! デザイン許せば前期もアリ!!  新車ならハイブリッドでも300万切りのカローラクロスか!?     コスパで選ぶトヨタ車5選
先代プリウス狙い目すぎ! デザイン許せば前期もアリ!!  新車ならハイブリッドでも300万切りのカローラクロスか!? コスパで選ぶトヨタ車5選
ベストカーWeb
トヨタ新型「GR スープラ」には車高短に向いてた!? スポーツカーゆえにナマ足がセットしやすい正当な理由とは
トヨタ新型「GR スープラ」には車高短に向いてた!? スポーツカーゆえにナマ足がセットしやすい正当な理由とは
Auto Messe Web
【クラシック オブ ザ デイ】初代「ポルシェ ボクスター」を名車たらしめているものはそのデザイン、パフォーマンス、革新性、エンジンだ!
【クラシック オブ ザ デイ】初代「ポルシェ ボクスター」を名車たらしめているものはそのデザイン、パフォーマンス、革新性、エンジンだ!
AutoBild Japan
BMW、3列7名乗車の『X5』に48Vマイルド・ハイブリッド・ディーゼルの”xDrive40d”を追加
BMW、3列7名乗車の『X5』に48Vマイルド・ハイブリッド・ディーゼルの”xDrive40d”を追加
AUTOSPORT web
ホンダ・オデッセイ 室内空間の一部改良とブラック・エディション追加 安全運転支援も
ホンダ・オデッセイ 室内空間の一部改良とブラック・エディション追加 安全運転支援も
AUTOCAR JAPAN
トヨタMIRAIが一部改良で安全装備と先進機能をバージョンアップ
トヨタMIRAIが一部改良で安全装備と先進機能をバージョンアップ
カー・アンド・ドライバー
軽に軽油を入れるって信じられない!「ガソリン車に軽油」「ディーゼル車にガソリン」を入れたらどうなる?
軽に軽油を入れるって信じられない!「ガソリン車に軽油」「ディーゼル車にガソリン」を入れたらどうなる?
ベストカーWeb
2026年発売! 電動旗艦「レクサス LF-ZC」先取りチェック
2026年発売! 電動旗艦「レクサス LF-ZC」先取りチェック
グーネット

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

698.0731.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0790.0万円

中古車を検索
Cクラス セダンの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

698.0731.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0790.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村