サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本人の「慎重な気質」が災い! 実証実験はすれども超小型EVが普及しないワケ

ここから本文です

「超小型モビリティ」ブームは来るのか

 高齢者や地域観光などの足として、超小型モビリティが話題になっている。何年も前からトヨタ、日産、ホンダなどは、実証実験をはじめ、自治体などと協力して利用実態を調査してきた。またトヨタは、2019年の東京モーターショーに超小型モビリティの電気自動車(EV)を出展。2020年12月から「C+pod(シーポッド)」という車名で、法人ユーザーや自治体などを対象に限定販売を開始している。

「超小型EV」は高齢化社会をも救う! 日本の社会を変える可能性を帯びた「知られざる」実力とは

 一方で他の自動車メーカーはもちろん、なかなか現実味のある導入の話が出てこない。

おすすめのニュース

サイトトップへ