サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1レギュレーションの大幅改訂は2023年まで延期か。レッドブル・ホンダ代表はコスト削減を主張

ここから本文です

 レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーによると、F1チームはレギュレーションの大幅な改定を2023年まで延期することで基本合意に達したが、最終決定はFIAに委ねられているという。

 現在、F1は新型コロナウイルスの影響によってシーズンが中断されていることから財政的影響を避けられない事態に直面しているが、各チームの将来を守るための緊急措置が講じられているところだ。

F1規則凍結にメルセデスの新システム『DAS』は含まれず。2021年の禁止が決定

 F1とFIAは、チームの開発コストの負担を軽くするために、新規則の導入を2022年まで延期している。

おすすめのニュース

サイトトップへ