サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > セバスチャン・ローブ、5度目のダカールラリー挑戦は苦難の連続。最後は無念のリタイア「強くなって戻ってくる」

ここから本文です
 プロドライブが運営するバーレーン・レイド・エクストリーム(BRX)から、5度目となるダカールラリー挑戦をしていたセバスチャン・ローブ。しかし第8ステージを完走できず、無念のリタイアとなった。

 第7および第8ステージは2日間ビバークでアシストを受けられない、いわゆる“マラソンステージ”に設定されていた。ローブは第8ステージ序盤の80kmの地点までにタイヤを2本パンク。しかし、スペアタイヤは1本しかなく、ブレーキキャリパーもひとつが機能していなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ