サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車、北米本社をテレワークに切り替え…新型コロナウイルス

ここから本文です

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は3月19日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を受けて、同社の取り組みを発表した。

三菱自動車の北米本社は3月16日から、すべての事務系従業員をテレワークに切り替えた。従業員は、彼らの安全や家族の健康のために、北米本社には出社せず、自宅などで働いている。米国内の多くの地域で、学校が閉鎖されていることもあり、従業員は自宅での変化するニーズにも簡単に対応できるようになった。

三菱自動車の従業員は在宅勤務中でも、米国各地の多くのディーラーパートナーを継続的にサポートすることに取り組む。

おすすめのニュース

サイトトップへ