サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 後席シートベルト着用率39.2%、依然として低い JAFと警察庁合同調査

ここから本文です

後席シートベルト着用率39.2%、依然として低い JAFと警察庁合同調査

後席シートベルト着用率39.2%、依然として低い JAFと警察庁合同調査

日本自動車連盟(JAF)は1月24日、警察庁と合同で「シートベルト着用状況全国調査」を実施して結果を公表した。

2019年11月5~21日に全国886カ所で調査した結果、後部座席のシートベルト着用率は、一般道路が前年比1.2ポイントアップの39.2%となり、2002年の合同調査開始以来、過去最高となったものの、依然として低い。高速道路は0.1ポイントマイナスの74.1%だった。

2008年に後席シートベルト着用が義務化され、10年以上を経過しても依然として後席は着用率が大幅に低いままだ。

運転席の着用率は一般道路が98.8%、高速道路などが99.6%となり、助手席も一般道路が95.9%、高速道路が98.3%だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します