サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あなたも危ない? ペダル踏み間違え事故を防ぐ後付け装置の現状とは

ここから本文です

あなたも危ない? ペダル踏み間違え事故を防ぐ後付け装置の現状とは

■高齢者による「ペダル踏み間違い事故」を防ぐ後付け装置とは

「超高齢社会」といわれる日本。65歳以上の四輪免許保有者は2006年から2016年で約2倍に増加し(公益財団法人交通事故総合分析センターのレポートより)、今後もさらに増えると予想されています。

運転中のスマホ操作は赤信号で停車中も違反!? 警察の見解は?

 そんな高齢者ドライバーで増えている「ペダル踏み間違え」による事故を防ぐべく、多くの自動車メーカーが開発を進めているのが、「ペダル踏み間違え抑制装置」です。

 いままではメーカーオプションとして、購入前に車両に取り付けてもらう必要がありましたが、国土交通省からの要請もあり、今後はさらに幅広い車種専用の「後付けキット」も続々と登場する予定となっています。

 またパーツメーカーなどからも、さまざまな後付けキットが販売されている状況です。

 そもそも、このペダル踏み間違え事故は、駐車場などで停車した状態から発進するタイミングで発生しやすい事故で、ドライバー本人はブレーキのつもりがアクセルを強く踏み込むことで急発進し、人や物に衝突してしまうというもの。

 もちろん、メーカーもさまざまな安全装置を開発しており、「歩行者対応の衝突被害軽減ブレーキ」「車線逸脱警報」などと合わせて、ペダル踏み間違え抑制装置の標準装備化を進めています。

 国道交通省によると、新車装着率は2019年度で79%(新車の場合)となっており、2021年度には90%に達する見通しだといいます。

 2020年1月現在、自動車メーカーで後付けキットを販売しているのは、トヨタとダイハツです。とくに業界をリードする立場のトヨタが、後付けキットをすでに販売しているというのは大きなポイントといえます。

 今後、ほかのメーカーも追随していく見通しです。

 そのトヨタが販売している後付けキット「踏み間違い加速抑制システム」(税込5万6100円・別途工賃)は、前後に取り付けられた計4個の超音波センサーが、前後3m以内にある壁を検知してシフトレバーの入れ間違いをブザーとランプで警告。

 さらに間違って強くアクセルを踏み込んでも加速を抑制し、衝突の被害を軽減させるというものです。

 DIYでの取り付けは難しいので、ディーラーや販売店などに依頼することになりますが、すでに販売されているトヨタ車の12車種に取り付け可能になっています(2020年1月現在)。

 また、グループ企業であるダイハツからは「つくつく防止」(税込3万4560円・要別途工賃)と名付けられた踏み間違い加速抑制システムが販売されています。

 基本的なシステムはトヨタと同じで、前後4か所に超音波センサーを取り付け、3m以内の壁などを検知。

 ペダルを強く速く踏み込んだ場合は「ペダル踏み間違い」と判断し、専用のコントローラーで燃料の供給をカットしてエンジンの出力を抑制しながら、専用のインジケーターとブザー音で警告を発してくれるというものです。

 また前後の死角にある障害物を検知して警告する「パーキングセンサー機能」も搭載しており、こちらは7車種・8モデルに対応しています。

 まだホンダや日産、マツダなどからは「踏み間違い速度抑制装置」の後付けキットは販売されていませんが、開発は進められており2020年中には続々と後付けキットが販売されるでしょう。

■幅広い車種に適応した社外品の後付けキットも販売中! どんなものがある?

 ほかのメーカーのクルマに乗っている方や対応車種以外でも、取り付け可能な後付けキットが、さまざまなパーツメーカーから販売されています。

 ここではいくつか代表的な商品をご紹介しましょう。

●「S-Drive誤発進防止システム」(サン自動車工業 税込3万3000円・要別途工賃)
 全国のイエローハットで購入・取り付けができる「踏み間違い速度抑制装置」です。ON・OFFスイッチを搭載し、坂道や雪道・ぬかるみなどアクセルを強く踏み込む必要があるときに任意でスイッチをOFFにすることで、システム自体の作動も制限できます。

 嬉しいのは国産車のほとんどに取り付けが可能できることです(輸入車は除く)。電子スロットル車用とワイヤー車用が用意されています。

●「誤発進抑制装置」(T.M.ワークス 税込2万9700円・要別途車種別専用ハーネス・工賃)

 停車時(0km/hから15km/h)、70%・80%・95%のなかから任意に設定されたアクセル開度に達するほど急激にペダルを踏み込んだ場合、アクセルOFFと同じ状態(クリープ現象のみ)にすることで、急激な発進を抑制させるシステムです。

 装着には専門の技術が必要なので、整備工場や販売店などで取り付けてもらうスタイルです。また車種用のハーネスを別途購入する必要がありますが、幅広い車種に対応可能だといいます。

●「アクセル見守り隊」(データシステム 税込3万800円・要別途車種別専用ハーネス・工賃)

 アクセル信号を常時モニターして、停車中や徐行(10km/h以下の前進・後退)中にアクセルペダルが急激に踏み込まれた場合、アクセル信号を制御(アイドリング状態に)して急な誤発進を抑制するシステムです。

 踏み間違いを警告音でも教えてくれ、アクセルを放すまで鳴り続けます。

「踏み間違い速度抑制装置」なので、きっちり停まってくれるものではないのに注意が必要です。本人が気づかなかったブレーキとアクセルの踏み間違いを警告音で教えてくれて(その間は通常のATのクリープ現象に)、自分でブレーキをしっかりと踏み替えるまでの時間を稼いでくれます。

※ ※ ※

 高齢者ドライバーによる交通事故が大きな社会問題となっていることを受けて、国土交通省が主導する「サポカー/サポカーS」(安全運転サポート車)ですが、各自治体もこれをバックアップする姿勢を見せています。

 例えば、東京都では「高齢者安全運転支援装置設置促進事業」として、70歳以上の都民ドライバーの場合は費用の約9割(1台につき最大10万円まで)補助が受けられます。

 後付けキットの工賃が約4万円前後としても、かなりの部分を補助でまかなうことができそうです。これは各自治体によって補助額が異なりますので、ぜひ地元の自治体に相談してみてください。

 踏み間違い速度抑制装置の後付けキットがあれば、一瞬のスキで起こりうるペダル踏み間違いの事故をかなりの確率で防いでくれそうです。

 現在では(条件はあるものの)各自治体から補助を受けることもできるとあって、装着を検討するにはいいチャンスなのかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します