サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カッコいい車なのに激減した!? 懐かしのコンパクト2ドアクーペ5選

ここから本文です

カッコいい車なのに激減した!? 懐かしのコンパクト2ドアクーペ5選

■かつて隆盛を誇ったコンパクト2ドアクーペ

 現在の国内自動車市場で人気のモデルといえば、ミニバンとSUVです。そのため、人も荷物もあまり載せられず、使い勝手が良くない2ドアクーペは激減してしまいました。

スープラ並みに速いセダンがあった? 絶滅寸前なスゴいセダン5選

 一方、かつてはスタイリッシュなデザインと走りも秀逸と評され、各メーカーから数多くの2ドアクーペが販売されていたことがあります。

 そこで、過去に販売されたコンパクト2ドアクーペのなかから、5車種をピックアップして紹介します。

●トヨタ「カローラレビン」

 トヨタを代表するベーシックカー「カローラ」のスポーツバージョンとして開発された初代「カローラレビン」は、1972年に発売。

 そこから代を重ねて、1995年に登場した7代目のカローラレビンをもって、歴史に幕を閉じました。

 ボディサイズは全長4305mm×全幅1695mm×全高1305mm、ホイールベース2465mmと日本の道路環境にちょうど良い5ナンバーサイズで、外観は伸びやかでクーペの見本のような流麗なフォルムです。

 パワーユニットは1.5リッターおよび1.6リッター直列4気筒エンジンがあり、なかでも上級グレードには、名機の誉れ高い「4A-GE型」を搭載。1気筒あたり5バルブと4連スロットルが与えられ、自然吸気ながら165馬力ものパワーを誇りました。

 また、グレードによっては高性能なマクファーソンストラット式サスペンションである「スーパーストラットサスペンション」を採用し、高いロードホールディング性能を実現。

 2000年に生産終了したので、すでに20年が経ち、中古車市場での相場は100万円未満ですから、性能からするとお買い得かもしれません。

●日産「ルキノクーペ」

 日産「ルキノクーペ」は、1994年から1999年まで販売されていたコンパクト2ドアクーペで、同社のセダン「サニー」をベースとしたモデルです。

 セダンをベースにクーペをつくる手法は古くから存在し、かつては「スカイライン」や「ブルーバード」などがセダンとクーペをラインナップしていました。

 ルキノクーペのボディサイズは全長4285mm×全幅1690mm×全高1375mmと、コンパクトながらもホイールベースが2535mmと長めで、クーペとしてはリアシートの居住性が高いのが特徴です。

 トランク容量が大きいことと合わせ、スポーティさよりも実用性を重んじたモデルといえるでしょう。

 搭載されたエンジンは105馬力の1.5リッターと140馬力の1.8リッター直列4気筒で、スペック的には平凡な値ですが、1トンほどの軽量な車体には十分なパワーでした。

 現在は中古車がほとんど流通しておらず相場は不明ですが、たまに出てくる物件は30万円前後で取り引きされることが多いようです。

●三菱「ミラージュアスティ」

 現在はコンパクトな5ドアハッチバックの三菱「ミラージュ」ですが、かつてはさまざまなボディバリエーションが存在しました。

 そのうちのひとつが、4代目と5代目に設定された2ドアクーペの「ミラージュアスティ」です。

 5代目ミラージュがベースの2代目アスティは1995年に発売され、おっとりとしたフロントマスクに対して「ランサーエボリューション」をイメージさせるリアまわりのデザインが特徴となっています。

 全長4230mm×全幅1690mm×全高1365mmのボディサイズは、当時のコンパクトクーペのなかでも小さい方で、取り回しの良さがうかがえます。

 搭載されるエンジンはすべて直列4気筒で、1.3リッター、1.5リッター、1.6リッターの3種類が設定され、なかでも1.6リッターはスポーティな仕様で最高出力175馬力を誇り、組み合わされるトランスミッションは5速MTのみです。

 2000年に生産を終えてから20年が経っているためと、元々の販売数も多くなかったことから、現在は中古車がほとんど流通していません。

■ラリーカーのレプリカはとんでもない値段に高騰!?

●スバル「インプレッサ リトナ」

 4ドアセダンとステーションワゴンのイメージが強いスバル「インプレッサ」ですが、初代モデルにのみ2ドアクーペ「インプレッサ リトナ」が存在していました。

 1995年に発売され、1.5リッターFFと1.6リッター4WDの2グレードで、スポーティさよりもスタイリングと雰囲気を楽しむキャラクターのモデルです。

 翌年にリトナは廃止され、代わりに登場したのが「インプレッサ WRX タイプR STi」という高性能バージョンでした。世界ラリー選手権(WRC)で活躍するWRカーの流れを汲んだ2ドアモデルで、280馬力のハイパワーな水平対向4気筒ターボエンジンと、4WDならではのトラクション性能を活かした走りが魅力でした。

 以降、WRX タイプR STiは進化を続け、2000年まで生産されました。

 そして、わずか400台限定ですが、WRCで3連覇を達成した「インプレッサ WRカー97」をロードモデルとして再現した「インプレッサ 22B-STiバージョン」も販売されました。

 WRX タイプR STiの全長4340mm×全幅1690mm×全高1405mmというサイズに対し、22B-STiバージョンでは全幅が1770mmまでワイド化されており、専用の2.2リッターエンジンが搭載されていました。

 現在、程度の良い22B-STiバージョンの中古車は1000万円を超える価格となることもあり、大変希少なモデルです。また、リトナについては販売不振で1年で生産が打ち切られたモデルだけに、中古車はほとんど存在していません。

●ホンダ「シビッククーペ」

 現行型のホンダ「シビック」は、5ドアハッチバックと4ドアセダンの2タイプのボディがラインナップされています。

 そのシビックにも5代目と6代目に2ドアクーペが設定され、6代目ベースのクーペは1996年に発売されました。

 サイズは全長4450mm×全幅1695mm×全高1375mmとコンパクトクーペのなかでは大柄で、ホイールベースも2620mmと長いのが特徴です。

 搭載されたエンジンは1.6リッター直列4気筒で、低燃費かつ低排出ガスが追求した結果、最高出力は控えめの120馬力を発揮。トランスミッションはCVTのみが設定され、スポーティさよりも雰囲気を楽しむモデルというポジションでした。

 なお、シビッククーペはすべてアメリカで生産された輸入車で、日本ではこの代をもって販売が終了されましたが、北米ではその後も継続してクーペをラインナップし、現行型は6代目にあたります。

 中古車はローダウンやメッキパーツを多用してカスタマイズされた物件が目立ち、相場は年式の割りに高めとなっています。

※ ※ ※

 現在、日本で販売されている国産2ドアクーペは、トヨタ「86」とスバル「BRZ」を除くと、高額なモデルばかりです。

 この傾向は海外も同様で、エントリーモデルのクーペは極端に数を減らしています。

 昔は若い人が初めて乗るのがクーペという時代がありましたが、そうした文化はほとんど残っていません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します