サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【もう一度乗りたい90~00年代車】クラシックを追求したカワサキ W650

ここから本文です
カワサキW650:元バイク雑誌編集長の「忘れられない1台」

80年代からのレーサーレプリカブーム、90年代半ばまでに盛り上がった大排気量クラスでの300km/hバトル──もはや乗り手の技量に対して手に余る高性能路線は、止まるところを知らぬかに思えたものの、過熱すれば沈静化するのは世の習い。バイク乗りの中に、身の丈に合った嗜好を求める向きも増えてきたのが90年代後半だった。そうした流れに乗りヤマハSR400(1978年デビュー)は消滅のウワサを乗り越えてクラシックなロングセラー車となりつつあり、ホンダはGB250クラブマンやGB400・500を登場させた。

おすすめのニュース

サイトトップへ