サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブガッティ「ヴェイロン」は、東京-名古屋間の新幹線車内で生まれた!

ここから本文です

■新幹線内で生まれたヴェイロンのコンセプトは、18気筒だった!

 1997年のある日、東京-名古屋間を走る新幹線の車中にて、のちに自動車界を大きく変えることになる壮大なコンセプトが着想された。

桁が違う… 5007馬力の12000ccエンジン搭載 ドバイ製スーパーカー「THE DEVEL SIXTEEN」とは

 フォルクスワーゲン・グループにて、パワートレイン開発部門トップを長らく務めたカール・ハインツ・ノイマン氏が、その時のことを述懐する。「彼は、長い間アイデアを温めていました。18本のシリンダーを内包したエンジン。これまでの常識を覆すほどに強力で、しかもスムーズなものです。

おすすめのニュース

サイトトップへ